ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピン」にピンと来たか(2)

Posted by 陳満咲杜 on 20.2013 取引手法 0 comments 0 trackback
「ピン」にピンと来たと言えば、最近ポンド/ドルも好例を作ってくれていたでしょう。まずポンド/ドルのチャートを見てみよう。

gbpusd_20130320174425.png
ポンド/ドル 日足(クリックで拡大)

上のチャートが示しているように、いくつの日の足型、典型的な「ビン」の形を示している、もっともインパクトを持つ日足は1月2日の「ピン」であろう。かなり長い上ひげをもって上値圧力の強さを証左し、そこから長いベアトレンドを続いてきた。

注目していただきたいのは、昨年12月25日の日足も「ピン」であったため、同日安値が重要なサポートゾーンを示していたから、やはり1月9日の安値をもって一旦同サポートを打診したものの、翌日切り返しを果たした。再度割り込んでいたのは1月16日で、本格的な下落波動もそこから加速されていた。言い換えれば、12月25日の「ピン」が破れていたからこそ、1月2日の「ピン」がもたらすベアトレンドの指示が強化されたわけである。

ポンドの下落波、その後ほぼ一本調子な下落となり、下落途中においても「ピン」(下ひげの長いほう)を形成していたが、こういった「ピン」にマーケットがピンとせず、安値更新をもって下落モメンタムを更に強化していた。換言すれば、「ピン」になっても市場関係者らがピンと来ない場合、トレンドの継続と深押しを示すシグナルとなるわけだ。

が、3月11日の「星」に続き、3月12日の足型も「ピン」と示し、重要なサポートゾーンに一旦遭遇したと思われた。ポンドのオーバーショート、かなり深刻であっただけに、このシグナルを見逃せないと言わんばかりに、市場関係者らはピンときたわけである。「ブルベアFX通信」3月13日21:46配信「本日のチャート、ポンド/ドル 底打ちのサインと条件」は以下にように指摘していた。

-cgbpusd1.png
ポンド/ドル 日足(クリックで拡大)

ポンド/ドル、一旦底打ちの公算は高まっている。日足では、1月2日高値1.6381を起点とした下落トレンドが長く続いてきたが、一昨日からの足型、下落波の起点と似ているサインを点灯していることを見逃せない。前回のトップアウトと反対に、今回は底打ちを示唆するシグナルと解釈されるから、注意しておきたい。

上のチャートで記しているように、1月1日の罫線が「星」と示し、2日では長い上ひげ線をもって「塔婆」の意味合いを強めていた。大型ベアトレンドの起点として教科書に乗せるぐらい典型的なケースとなっていた。1月安値の1.6218を下回っていたのが3日であったが、同日大きく下げ、大陰線を形成したから、1日の「星」、2日の「塔婆」との組み合わせで、「宵の明星」と示し、大型ベアトレンドの進行を示唆していた。

今回はその逆パターンで、一昨日の3月11日では「星」、昨日では「たぐり」線で下げ止まるを示唆し、本日では一昨日高値の1.4943をブレイクした。本日更なる続伸があれば、大陽線の形成をもって一昨日の足型から「明けの明星」を形成できれば、より大きなリバウンドを期待できる。


-cgbpusd2.png

ポンド/ドル 時間足

続伸の条件として、今朝提示した時間足の通り、3月5日高値1.5199を起点とした下落波、完成の有無がまず挙げれる。上のチャートでも強調しているように、同下落波動における最終波5(緑)、自体の5波構造が完成されたとすれば、i波ボトムの1.4982のブレイクが検証のポイントとなる。なぜなら、1.4982のブレイクなしでは、5波が更に延長される可能性もあり、足許までの切り返し、単純に調整波と見做すことも可能である。エリオット波動論のールでは、強いリバウンドでも1波ボトムを超えることできないから、逆の見方をすれば、同ポイントのブレイクをもって延長の可能性を否定することになり、切り返し自体も新たな波動としてカウントできる。


当然のように、12日の「ピン」にピンと来た結果として、翌日13日11:02にて下記のようなストラテジーを出していたのも躊躇いらずだった。

ストラテジー: ロング@1.4935(逆指値)、ストップ@1.4850、ターゲット@1.5055~1.5125

翌日のポジションフォローとして下記のようにストラテジーを修正していた。

ストラテジー:ロングポジション保有(@1.4935、ストップ@1.4890へ上方修正、ターゲット@1.5125~1.5150へ上方修正

時間足で見るその後の値動きは以下の通り。
gbp1hour.png
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

ここまで記述すると、賢い読者様から下記のような指摘が来ることも想定できる。即ち、下落トレンドの途中、「ピン」の形をもって下げ一服の可能性を示す足型が少なくとも2回ほどあったし、形もより典型的な「ピン」と見えるが、なぜポンドの下落を止められず、12日の「ピン」だけが市場関係者をビンと来させたか、と。この辺のセンスはなかなか奥深いから、次回のセミナーにて触れたいと思う。


semina480.png
陳アソシエイツ主催セミナー  参加者募集中(先着順


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

「ピン」にピンと来たか

Posted by 陳満咲杜 on 17.2013 取引手法
プライスアクション(PA)理論、日本伝統の罫線分析とかなり似ている部分が多いが、罫線の解釈より総じてシンブルな場合が多く、故に実戦に効くケースが多いと思われる。「pin bar」と呼ばれているPA手法に関して、最近のケースを絡んで紹介しておきたい。

まず、「pin bar」とはピンの形を示す足型である。主な形態は以下のようなもの。
pinpin480.png
形こそ多様であったが、共通している部分、つまり特徴が多い。即ち、1、値幅に占める始値と終値の距離が比較的に小さい。2、ザラ場におけるっ高値、或いは安値が比較的に終値より遠い。

罫線分析では、更に細かく分けられ、「星」、「たぐり線」、「トウバ線」や「首つり線」など繊細な観察と命名で性質を定義しているが、PA理論ではこういった分類をせず、ビンが出た場合、重要なレジスタンスとサポートゾーンに遭遇したとシンプルに解釈し、素早く次のアクション(値動き)に焦点を合わせ、またアクションを起こすことに主眼している。

百聞は一見に如かず、早速だが、最近の事例を挙げて見てみよう。以下は豪ドル/ドルの日足である。
audusdblog.png
(クリックで拡大)

「pin bar]にビンを指す形で表示し、それぞれの高値、或いは安値がレジスタンスやサポートを示唆していた。大きなレンジ相場として示唆してくれたのは9月14日のピン(赤ピンを指しているチャート中一番高いところ)や直近の3月4日のピン(緑ピンを指している一番右側のところ)である。直近のピン、安値が終値とかなり値幅が取っていたから、鋭い「ピン」の形を示していただけに、ピンときたわけである。即ち、ロングスタンスで臨むべきであった。

但し、具体的なエントリーポイント、慎重に図るべきなので、拡大した豪ドル/ドルの日足をもう一回見てみよう。
audusd.png
豪ドル/円 日足(クリックで拡大)

3月4日の「ピン」ははっきりしていたが、2月28日の「ピン」(赤ピンで表示)もしっかりしていたので、ブレイクされるまで28日高値前後がレジスタンスと化すはずであった。故に、3月6日、一旦同レジスタンスを打診したものの、反落して陰線引きとなったわけだ。

3月6日の「ブルベアFX通信」は豪ドル/ドルの短期スパンについて、以下のようなに記述していた。

◆ 短期スパン:1.0300の打診をもって当面リバウンド継続の基調を強め、1.0370/75はメインターゲットとして浮上。但し、目先ややオーバーボート、1.0200/15前後へ一旦スピード調整を果たしてから再度高値トライの公算。

同日添付したチャートは以下の通りである。
1362552707-3-audusd.png
豪ドル/ドル 時間足

実際、3月8日、11日共に1.0211の安値打診をもって調整波を完了し、豪ドルの切り返し、また継続されていた。この場合、押し目買いもよかったが、より堅実なエントリーレベルはやはり2月28日高値1.0290や3月6日高値1.0301以上に位置していると判断した。高値追いの根拠、単純にブレイクアウト戦略のみではなく、3月4日足型が示す典型的な買いシグナルの点灯はもっとも有力な土台であった。同高値ゾーンのブレイク、3月12日にて実現されており、同日15:15配信「本日のチャート 豪ドル/ドル ストラテジーの根拠」は以下のように指摘していた。


-caudusd.png
豪ドル/ドル 時間足

豪ドル/ドルは1.0115を起点とした切り返しを継続している。ジグザグ変動パターンの構造も鮮明で、11日安値1.0204からC波(緑)の展開、1.0300のブレイクをもって証左されたと見る。

同ロジックでは、1.0270前後はメインサポートと化し、その後1.0545/50といったサポートの続きもあり、目先押し目の好機と見做される。短期スパンにおけるブルトレンド、1.0225/30割れが生じない限り、継続される見通し。

A(緑)=C(緑)の計算では、1.0390といった上値ターゲットを得られ、従来ターゲットの1.0370/80と整合的。ストラテジーは以下の通り。

ロング@1.0250~1.0280、ストップ@1.0220、ターゲット@1.0370/80


現時点までの豪ドル/ドル、時間足における推移は以下の通り。
audusd33.png
豪ドル/ドル 時間足

ちなみに、3月14日豪ドルの急騰、豪雇用統計に好感していた側面も大きかったが、3月4日の「ピン」にピンとくれば、材料がトレンドの後を追って発生すると悟り、切り返しのトレンドを乗れたわけだ。このような取引チャンス、非常にシンプルかつ分かりやすいから、本来誰でも把握でき、また把握すべきである。ラジオ番組で言っていた「誰でも儲かる時」という言い方、大げさの部分もあったものの、こういったシグナルや取引チャンスを指していることをご理解できれば、初心者でもよいスタートをでき、心理面でも資金管理の側面でも好循環を生まれるわけだ。個人投資家ほど、初心者ほど、ピンときた時をじっと待ってリアルトレードをスタートさせるべきである。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

今年は為替新紀元を拓く重要な年。2013年はもちろん、2015/16年までのメイントレドやビッグチャンスに焦点を当て、スペシャルレポート「2013年~新紀元におけるブルベアFXストラテジー」を配信する予定。乞うご期待。
ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

「逆張り」のコツ

Posted by 陳満咲杜 on 17.2013 取引手法
一昨日「逆張り」のストラテジーを出した。同日書いたザイFXコラムの論調とやや違っていたが、リアルトレードの場合、こういった「逆張り」を敢行するには前提条件があった。また、キーマンならぬ、キーウーマンのラガルドIMF専務理事の発言が追い風となっていたが、こういった「材料」に関する分析は今回お見送り、単純にテクニカルの部分を取り上げたいと思う。以下は17日午後出したレポートの一部。

2013年2月15日 16:52配信 ブルベアFX通信 デイリー2013.2.15(2)

1360914474-1.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)
ロング@92.78、ストップ@92.15、ターゲット@94.05~94.55

1360914474-2.jpg
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)
ロング@124.15、ストップ@123.15、ターゲット@126.00~126.60


1360914474-3.jpg
ポンド/円 時間足(クリックで拡大)
ロング@144.25、ストップ@143.40、ターゲット@145.40~145.65

1360914474-4.jpg
豪ドル/円 時間足(クリックで拡大)
ロング@96.10、ストップ@95.60、ターゲット@97.40~98.00

注:チャート上の矢印は方向指示、またストラテジーはディトレードではなく、スイングトレードを前提としたもの。17日配信時点の考えで、これから修正され、またすでに修正された可能性がある。これからの市況に適用するとは限らないことも重ねて強調しておきたい。


先週末のストラテジー、「逆張り」であっただけに、アナリシスの結論通りの成り行き買いではなく、逆指値でエントリーをしたわけだ。要するに、ストレテジーを出した時点のレートより、高値のポイントをブレイクしない限り、時間足におけるトレンドの転換を確認できないから、高値ブレイクは必要条件であった。

ラジオ番組で話しているRSIの活用で、先週末のエントリーポイントをチャート上に示したので、ご参考まで。

usdjpy_20130217180059.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

eurujpy.jpg
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)

gbpjpy_20130217180150.jpg
ポンド/円 時間足(クリックで拡大)

audjpy_20130217180218.jpg
豪ドル/円 時間足(クリックで拡大)

ちなみに、「逆張り」であるだけに、寝る前にストップをエントリーレベル前後に上方修正しないと、安心できなかったし、利喰いせず、ストップ位置も修正しないなら、市況を見張る自体が大した意味を持たないかもしれない。この辺、トレーダーの裁量に掛かっているが、個々のセンスと資金管理の質が問われている。

最後に、「逆張り」とは言え、時間足より大きなスパンでは、「押し目買い」、つまり順張りと見做された側面もある。GMMAチャートで見るドル/円の4時間足とポンド/円の日足は好例となろう。

gmma1.jpg
ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

gmma2.jpg
ポンド/円 日足(クリックで拡大)


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

今年は為替新紀元を拓く重要な年。2013年はもちろん、2015/16年までのメイントレドやビッグチャンスに焦点を当て、スペシャルレポート「2013年~新紀元におけるブルベアFXストラテジー」を配信する予定。乞うご期待。
ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをご参照。

ユーロのターゲット(2)

Posted by 陳満咲杜 on 20.2012 取引手法
前回ユーロ/ドルのターゲットについて、プライス・アクションに基づく計算例を提示していた。同チャートは8月24日豊商事さんのセミナーにて提示したもので、9月7日にて1.2673というターゲットを達成した。同じロジックをもって再度検証したいと思う。

EasyCapture1_20120920231913.jpg
ユーロ/ドル 日足(クリックで拡大)

基準となる日足は黄色線で囲んで、高安値も表示している。要するに、これらの罫線はちょっと特別な存在だ。何が特別かというと、前でも書いたよう、英語で言う「inside]、「outside]、日本語で言う「包み」や「被せ」と言われる足型である。つまり、前後の罫線に比べ、その値幅が囲まれるか、逆に包容するかのどちらに属し、比較してこういったシグナルを点灯してしたわけだ。その上、関係する罫線が多いほど、また罫線自体の値幅が大きいほど、シグナルとして有効だと考えられる。

まず、8月2日の罫線、長い上髭をもった陰線で、前の4日間罫線を包んでいた。故に、その後の高値更新は上昇トレンドだけではなく、ターゲットも示唆してくれた。計算方式は簡単だ、まずその日の値幅を測り、倍返しのターゲットを算出すればよい。計算式は前回にてチャート上に表示していたので、ここでは省く。

更に、同ターゲットに達していない途中、8月28日の罫線も同じく前の二日間や後ろの二日間の罫線を包んでいたので、フォローするシグナルとして利用できる。即ち、その後の高値更新をもって1.2673というターゲットをそのまま堅持できる、というサインを発信していた。なぜなら、同じく倍返しの計算では、1.2577+(1.2577-1.2465)=1.2689となるから、8月2日罫線を根拠としたターゲットは保障された。

最後に9月7日の大陽線、値幅が大きかったので、注目していた。比べると、次の罫線、小さい値幅をもって包まれたから、11日では、9月7日高値の1.2817のブレイクをもって1.2817+(1.2817-1.2626)=1.3008というターゲットを計算されたわけ。同ターゲットは13日の高値に極めて近かった。

なお、9月7日の大陽線は力強い上昇を示していたから、8月2日罫線から得られたターゲットを達成しただけではなく、更なる高値余地の開拓を示唆していた。ゆえに、プライス・アクションのシグナルのみを基準とした場合、そのままターゲットの引き上げに繋がり、9月7日罫線自体が示すターゲットに近づくことをできる。

もっとも、強いトレンドが発生した場合、倍返しのみではなく、2倍、3倍といった計算もできる。最初の8月2日値幅を基準として計算し、2倍の1.2943は13日にて達成され、3倍の1.3213はこれから達成されるではないかと思う。市況は如何に。

Easy.jpg

為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをご参照。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

会員レポート見本(2)

Posted by 陳満咲杜 on 21.2011 取引手法
皆さん、こんにちは! 陳アソシエイツのスタッフです。

師走に入り、時節柄、皆様はますますご多忙のことと存じます

さて、会員レポート公開を恒例化する一環で、本日は15日配信「本日のチャート」(配信時刻23:50)を載せさせていただきます。以下はチャートと本文となりますが、チャートは一部のみ開示であることをご注意ください。

1221b.jpg
ポンド/円 時間足


1、120.29前後にてサポートを確認、121.00/20を上回れば、「フェイラー」つまり5波の失敗を意味し、下げ一服へ。

2、さらに、121.10/20のブレイクは121.60の突破につながり、122.00/20前後までの上値余地を拓き、120.29を起点とした切り反しを5波構造と化しやすい。

3、この見方が正しければ、122.60/65前後へ全幅返しになりやすく、また121.60の突破は「上昇フラッグ」の上放れを意味しよう。


4、目先シグナル待ちだが、121.00/20の突破があれば、ショート筋の手仕舞いも想定され、ロングポジションに食指。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


→TOPページへ
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。