ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[庶民」の敗北、「プロ」の臆病(一)

Posted by 陳満咲杜 on 02.2008 視点論点 9 comments 0 trackback
「現在、ユーロドルは保ち合いに入っていますが、テクニカル的にはブレイクした方に追従するのが作戦だと思いますが、上ぶれしたときには追従すべきではないのでしょうか?」

前記は4月15日、ある会員様からいただいたご質問ですが、当方は「上値追うには躊躇」と答え、4月に書いたレポートもすべてユーロ高に対し否定的な立場を取っていた。

実際、16日、ユーロは高値更新し、1.5979まで上昇、22日さらに1.6019まで上った。4月8日のセミナーで申し上げた「3月17日は値幅、日柄ともにアニバーサリー」という考え方からやや離れたが、自分の見通しには大した動揺がなかった。

当方に自信を与えてくれたのは個人投資家と機関投資家両サイドの行動と思惑だった。前にも書いたように、「プロ」と「素人」の行動が妙に合致している時、往々にしてトレンドの転換を齎すことが多い。

個人投資家の行動と思惑を測るには各大手マネーブローカーのポジション統計、即ち「センチメント指数」を見るのが一番適切であろう。ユーロ/ドルのポジションに関しては、2006年から一貫してネットショート(ロング・ショートポジションを相殺させ、ショートポジションが余る状況)だった。それと比例して、ユーロは1.2500レベルから1.6000までほぼ一貫して上昇してきた。

が、18日の統計では、ユーロが1.6関門を迫る中、センチメント指数は急速にニュートラルの状況に改善してきた。これは、個人投資家の総計として一貫してユーロ高に懐疑的なのに、1.6関門の接近につれ、ユーロ高を信じるようになったということを意味する。だからこそ、ユーロ高はそろそろ終焉に向かうのではないかと当方は逆に自信を深める。なぜなら、個人投資家の行動を統計的に見ると、彼らの多数は総じてトレンドと逆の動きを取るから、ドテンのサインとしては重視すべきだ。

予想通り、25日の統計では、投資家らのセンチメントがやっと反転してきた。即ち「ロング・ショートポジションを相殺して、ロングポジションが余った」という状況にあった。注意すべきなのは、この現象は2006年から初めての出来事である。断然ユーロ売りのサインとなったわけだ。

株式市場を含め、金融マーケットにおける不変の法則とは「庶民は天井にて一番強気、底ではパニック的な絶望に包まれ、そしてトレンドの途中に浮気する」である。因みに、ドル/円が暴落し、95円台をつけた3月17日、当方が書いた「夏場まで108円台まで回復」というシナリオが本日こそ現実味を帯びてきた。このような予測ができたのも市場の真実を多少知っていたからだ。決してインチキ論者の言う「米経済、金利云々」ではないことを重ねて申し上げる。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

私は最近思います。貴サイトのトレンド転換1.2.3の法則を拝見して、そしてユーロドルは素直に動く、これで利益が得られないなら為替は辞めた方がよいとの記事、これらを拝見して検証、そして最低枚数でのトレードの後、感じたことです。ユーロドルで1.2.3の法則を各時間足で成り立つか確認すれば、実はそれだけで充分なのではないか。さらにトレードを開始し、EMA20を使っていますが、EMAが逆向きにならない限りは安心して放置プレイ。こんな感じで考えています。今後も検証を重ね、精進してまいります。いつも有難う御座います
2008.08.06 16:36 | URL | 為替大好き #79D/WHSg [edit]
陳さん こんにちは

ありがとうございます。
「相場観と取引は別物」
肝に銘じておきます。でもなかなか実践できないんでしょうね・・・(笑)

ところで、そのスキルを磨きたいとテクニカル分析の本をいろいろ読んでいるのですが、為になる・読んだほうがよいと思われるお勧めのテクニカル分析の書籍をぜひ紹介していただけないでしょうか?

ちなみにパンローリング社の
「FXトレーディング」「実践FXトレーディング」
という本で試行錯誤しています。
何冊か読んだなかでは一番わかりやすく実際にやってみるとうまくいくことが多く、トレンドラインの重要性がよくわかりました。
この二冊はこれからも度々読み返していこうと思っています。

お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。
2008.05.10 12:39 | URL | kazu #79D/WHSg [edit]
kazu さん:
  
  おはようございます。
  
  トレンドに関する見方は周期によって違ってきます。15年サイクルでは、ユーロは2011年までブル基調で、恐らく1.75/1.78レベルまで上昇するだろう。一方、4年サイクルでは、来年春まで調整の蓋然性が高いと見られ、1.4500レベル及びその以下に落ちる可能性もあります。あくまでシナリオで、ポジショントークに近い話と受け止めてください。
   もっとも、相場感と取引は別物であることを重ねて申し上げたい、個人投資家が相場感を重視過ぎた故に失敗したケースが多いとされます。言い換えれば、シナリオよりも確実に対応するスキルが大事であります。シナリオは二の次です。
2008.05.09 10:22 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
陳さん こんにちは

陳様の見解について質問なのですが、
ユーロ/ドルについて、トレンド転換だとお考えですか?もしくは上昇トレンドの一時的な調整だとお考えでしょうか?
トレンド転換と考えておられているように感じますがどのような点でその判断をされているのでしょうか?
また、調整であれば目先、1.5000くらいまで下がると思われているのでしょうか?
よろしければご教授ください。

著書の発売を楽しみにしています。
がんばってください。
2008.05.08 12:27 | URL | kazu #79D/WHSg [edit]
皆さん:

  こんにちは。GWいかがお過ごしでしょうか。

  ご質問ですが、上からの順番でお答えします。
  
  まず、GBP/JPYは今年中に180円を切る可能性が大きいと思います。もちろん見通しですから、100%のことはないと重ねて申し上げます。

  ドル/カナダに関しては、各主要移動平均線が示すように、目下保ち合い相場の様子を強めており、ブレイクまで待つの得策でしょう。言いかえれば、この時期こそ相場感不要で、我慢強く待てばいいと考えています。
  
 英ポンドについて、対ドル、対ユーロ(こちらのほうがより重要かもしてません)はインターバングにて直接取引されていますが、英ポンド/円は単に合成された取引ですから、素直ではないのは当然です。為替相場の王道はもちろんユーロ/ドルです。この通貨ペアで利益を挙げられないなら、FX諦めたほうがよいという方もいるほどです。ご参考まで。

  西郷さん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。
2008.05.07 16:11 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
陳様、お体の調子はいかがでしょうか?暑くなってきましたので倒れないくらいに楽しんで頑張ってくださいませ。
さて、値幅が魅力のポンドですが私はまだ売買したことがないどころかチャートを真剣に見たこともないのです。勉強せずに質問することお許しください。対ドル/対ユーロ/対円がそれぞれ違うチャートを描き違う生き物のような動きをしますが当然他のペアとの相関があります、比較的分かりやすい動きをするもの、王道といえるペアはどれでしょうか?
あと、ポンドという通貨に対する見解が何かあれば教えてください。
2008.05.04 15:26 | URL | take #79D/WHSg [edit]
「投資の達人」という雑誌で、こちらのブログのことを知りました。
とても高い評価がなされていましたが、読ませていただいて納得です。
2008.05.03 20:11 | URL | 西郷 #79D/WHSg [edit]
ドル/スイス、すごいですね♪陳さんのおっしゃっていた通り弱気不要でした。1.0250から何枚か再度買って1.0500の指値が約定しました。
本当に陳さん凄いですね。。

誰もが、上がるわけない。下がるわけない。っていうような時に、冷静に分析されてしかも、ちゃんとその通りに動いていくから、凄いです。。

ドル/カナダを1.0200で昨日決済させたのですが、また買おうか迷っています。陳さんのドル/カナダの見通しを良かったら教えてください。
2008.05.02 20:43 | URL | なつみ #79D/WHSg [edit]
ポンド円は本当に今年中に180円をきるのでしょうか?市場の真実を知る陳様、教えてください。
2008.05.02 20:15 | URL | 臆病者 #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/98-db876260

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。