ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなのカンケーねぇ?(二)

Posted by 陳満咲杜 on 30.2008 視点論点 5 comments 0 trackback
そんなのカンケーねぇ(2).png 
クリックで拡大

事例としては28日、英ポンドに関する要人発言とその後の市場反応を挙げてみたい。

英ガーディアン紙が28日付けで、BOE(英中銀)の政策委員が「今後数カ月でBOEが大幅利下げを実施しなければ、英経済は減速するおそれがある」、「市場の先回りをする必要がある」などの発言を報道した。その影響で英ポンド/米ドルは1.9866から1.9730まで下げ、英ポンド/円は213.70から209後半まで急落した。上のチャートは英ポンド/米ドルの60分足図で、aの表示部分はこのユースが伝えられた後の下落幅を指している。

確かに政策委員は要人だし、発言自身がもっとも敏感な材料となる金利動向を暗示するもので、短期的における英ポンドの下落も納得できる。が、メイントレンドに焦点を凝らせば、「でもそんなのカンケーねぇ」と、経験豊富なトレーダーなら、すぐ直感できるだろう。なぜなら、図示のように、b(1.9644)とc(1.9792)を超えた英ポンドがすでにブル基調に転じており、少なくともスウィング・トレーディングの視点から英ポンドが上昇トレンドにいる、との判断を下せる。

この判断が正しければ、相場は証明してくれるだけではなく、トレーダーに仕掛けのタイミングも教えてくれるはずだ。図示のように、100時間線やEラインのサポートを確認できた上、変動率の視点からも130pipsを以って調整の完了(材料の出尽くし)の可能性が大きい、よって、ロングの好機と見なされるべきであった。その後、英ポンドが見事に反転し、1.9929の高値をつけていた。(執筆時点まで)

このように、ニュースなど材料を追って売買するよりも、冷静にトレンドを見極め、一時の値動きの「逆行」を利用すれば、リスクが限定される上、比較的に高いリターンを手に入れる。肝心なのは、ニュースなど材料の中身よりも、相場の反応を照らしながら、値動きのパターンを検証することにある。相場における値動きがすべての情報を織り込む形で形成されていくので、材料自身が「ノイズ」かどうかをすぐ判別できるのである。

相場は相場に聞け。真剣に耳を傾ければ、一日中、何回も「そんなのカンケーねぇ」という相場の呟きが聞こえるかもしれない。この「呟き」が多ければ多いほど、相場の方向はより鮮明になってくる。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

こんばんは。
ランダムからきました。
株って、予測がつかないですね。
2008.02.03 19:36 | URL | yamachann365 #79D/WHSg [edit]
Eのサポートを下に切り裂きましたが、bで止まりましたね。本来の下落トレンド回帰か、一旦上昇かの岐路にたたされているので1.95-1.98のもみ合いでしょうか。ドル安、ポンド安の力比べの様相です。
2008.02.03 18:08 | URL | 虫めがね #79D/WHSg [edit]
本当にポンドルは上昇トレンド?

あっさりCは割りましたね。

bも割るかな?

さて今度はどこにサポートラインを引きましょうか?

抵抗線も引かないといけませんね。

2008.02.02 10:46 | URL | あらら・・・ #79D/WHSg [edit]
とてもわかりやすいチャートの解説をありがとうございます。チャート分析をひたすら勉強中の私にはとても参考になります。このような視点でみていくのかと、本当にとても勉強になりました。ありがとうございます。これからも、このような時観足を使っての解説をしていただけると、とてもありがたいです。
2008.01.30 09:54 | URL | mayumi #79D/WHSg [edit]
やっぱり、「本物」は違いますね。(笑)
私は私が「何も分かってない」と言う事に気がつかせて頂きました。
本当に感謝です。
私は本当に邪道なやり方でここまで良くも利益を出し続けながら生き残ってこれたもんだと今更ながらに思う次第で本当にお恥ずかしい思いです。(汗)
2008.01.30 07:24 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/78-faf1afa1

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。