ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米雇用統計は厄介だ

Posted by 陳満咲杜 on 09.2015 視点論点
米雇用統計日におけるストラテジーの配信を極端に避けてきた、何しろ同統計、事前予想できない上、市場のコンセンサスとかけ離れたケースが多く、レート形成のメカニズムを壊すような急変をもたらす傾向も強かった。とは言え、指標発表後に追随も容易ではなく、値段が飛ぶし、ダマシ的な値動きも多かったので、単純に反射神経がいいから付いていけるとは限らない。

勿論、材料がトレンドの後追う形でトレンドを証左してくれる場合、米雇用統計ほどインパクトの大きいものはない。反面も然り、つまりトレンドを否定する材料に化せば、波乱要素としての破壊力もほかの指標が比べものにならない。この意味では、本来トレンドフォローに徹するだけでよいエントリーチャンスに恵まれた場合でも、雇用統計発表前ではどうして躊躇になり、手控えになりがちだ。先週末(6月5日)はその好例で、同日デイリーにて提示したチャートのみ開示(一部)。

001_20150608234151369.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)
002_20150608234252bc0.jpg
ユーロ/ドル 時間足(クロックで拡大)
003_20150608234356dfd.jpg
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)
004_20150608234441caa.jpg
ポンド/円 時間足(クリックで拡大)

実際、手控えのムード、雇用統計の当時ではなく、前日、場合によってはもっと早い段階にて広がるケースが多い。6月4日の「本日のチャート」、ポンド/ドルを取り上げ、エントリーのチャンスと見ていたが、ストラテジーの配信を見送った。レポートの本文は以下の通り:
2015年6月4日 19:46配信
本日のチャート  ポンド/ドル  切り返しの限界

005_2015060823501910b.jpg
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

ポンド/ドルは切り返しを継続している。5月21日高値1.5699を起点とした下落波の半分押し(反騰)位置(≒1.5430)を一時ブレイク、目先更なる切返しの余地を示すが、そろそろ限界を探り、一服してくる公算も大きいと見る。

もっとも、既述のように、5月14日高値1.5815を起点とした下落波、5波構造と見做した場合、1.5699を起点とした下落、同第3子波(緑の序列)と見做し、同波の延長を有力視。同見方、足許第1子波(緑)ボトムの1.5445への接近をもって蓋然性が高まり、打診があれば、一段と証左されよう。

換言すれば、1日安値1.5162までの下落、第3子波(緑の序列)ではなく、同子波序列下における最初子波(黄)と数えたからこそ、足許の調整子波2(黄)、1.5445への接近、また打診の可能性に繋がっている。この場合でも、1日安値を起点とした切返しの位置付け(調整波)を証左するカウントでおのずと限界ありと思われる。

その上、調整子波2(黄)自体のジグザグ変動パターンにおけるN字計算値はメイン抵抗ラインが示す抵抗ゾーンと合致、目先切り返しの余地が限られることを示唆。戻り売りの好機と見做すが、頭打ちのサインを確認してからストラテジーを再提示。


頭打ちのサイン、翌日(5日)点灯していたが、結局見送りされたのも雇用統計という特殊材料の発表前だ、これだけの理由で、これだけでも十分理由になれた。そして、敢えてドル/円のストラテジーを出したのが、ドル/円のほうが一番「分かり易かった」ので、すべてのチャンスを失いたくなかった・・・米雇用統計はやはり厄介だ!

因みに、以上はストラテジーの話で、筆者個人のトレードは別物、雇用統計後の波乱もリスクとして受け入れていたから・・・はい、ここまで!


注意事項:将来の値動き、あくまで執筆時点の予想となり、これからの市況を指示するものではありません。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示した記事と全く逆の見方を示す場合もあります。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いします。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。