ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米雇用統計前のエントリー

Posted by 陳満咲杜 on 06.2015 FX教室
昨日米雇用統計でドル全面高となったが、同統計、基本的に事前予想できない上、トレンドを逆転する場合もよくあるから、毎月の発表日直前、マーケット自体が緊張気味で、発表される前のエントリーも総じてリスクが高いものと思われる。一方、事前予測できない上、どうしても取引したいなら、トレンドが明白で「分かり易い」通貨ペアを選び、順張りしかないことも明白だ。昨日ドル/円が一番「分かり易かった」ので、午前中の成り行きでも敢行した。

001_20150606151843cb8.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

エントリーの根拠について、同日「本日のチャート」をもって説明した。原文は以下の通り:

2015年6月5日 17:01配信
本日のチャート  ドル/円  エントリーの根拠

002_2015060615214286b.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

今朝のエントリー、ドル/円の調整波、早期終焉を可能性に基づき、カウントにおける根拠は上のチャートの通り。只今124.68をブレイクしたことも証左材料と見做し、本日米雇用統計の不確実性があるものの、基本的には高値トライの公算が大きいと見る。

5月14日安値118.85を起点とした上昇波、主要推進波として5波構造(緑)を有し、その最初子波1(黄)を5月21日高値121.47に数え直した場合、6月2日高値の125.04を同序列における第3子波(黄)の突破と見做せる。この場合、第3子波は約第1子波の1.618倍の値幅を達成、125.04を起点とした反落、調整子波4(黄)と示す。

118.85を起点とした大型推進波、なお完成されていないから、調整波4の値幅も限定的で、6月2日安値123.73を下回れず、124.67/68(一昨日や昨日の高値)の突破をもって早期完成の蓋然性が証左された。従って、新たな上昇波、すでに展開され、2日高値のブレイクをもって一段と上値余地を拓くでしょう。

第1子波(黄)の値幅(≒262pips)、現在進行している第5子波(黄の序列)が同じ値幅を有するなら、昨日安値から計算されるターゲットは126.39前後に位置、今朝ストラテジーにおけるターゲットの上限に反映されている。トレンドフォローに徹したい。


003_20150606152902c6e.jpg
ドル/円 日足(クリックで拡大)

トレンドが強く、「分かり易い」かどうかを判断する基準もいろいろあるが、筆者にとって、一番手掛りになるサインは上のチャートで強調されたように、3日、4日をかけて2日の安値を下回らなかったこと。実際、雇用統計の発表前、3日、4日の高値がすでにブレイクされたから、トレンドの継続が強く示唆され、本来ポジションを買い増しすべきところだったが、雇用統計前であるだけに、やはり保守的になり、ストップの上方修正に留まった。シグナルに確信できないという意味合いでは、雇用統計前のエントリー、やはり好んでやれるものではなかろう・・・・因みに、ターゲットの上限、来週早い段階にて達成されるでしょう、市況は如何に。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!



PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。