ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利喰ったからこそ憎い

Posted by 陳満咲杜 on 26.2015 FX教室
昨日のラジオ番組でも取り上げたように、ドル/円の例では、「鰯喰い」と「雲」の整合性をもってトレンドの継続とモメンタムの強さを確認できる。言うまでもないが、同整合性を事前に予測できれば、かなりよいエントリーポイントを得られる。実例として22日のストラテジーとレポートを開示。


2015年5月22日 15:27配信

ドル/円
新規ロング@120.55~120.75、ストップ@119.90、ターゲット@122.00~122.35。既存ロングポジションもストップも119.90へ上方修正。


2015年5月22日 16:35配信
001_20150526182326359.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

14日安値118.85から上昇推進波を展開してきたことは既述の通り、同上昇波、4月高値のブレイクをもって証左され、足許なお上昇途中と見る。

推進波の故、5波構造を数え、20日高値121.47を第3子波(黄)のトップと見做した場合、目下、明らかに調整波4に位置していると推測される。調整子波4(黄)のジグザグ変動構造に鑑み、第3子波(黄)値幅の38.2%押し位置と調整波自体のN字計算目標にほぼ合致、早期ブルトレンドへの復帰を有力視。

その上、調整子波2との交替性でも、ジグザグ変動をもった調整4の完成を暗示、トレンド・フォローの視点では、GMMAチャートに一目均衡表を加えた綜合判断も目先押し目のポイントと示唆。因みに、第1子波の終盤から調整子波2のところ、GMMAチャートでは「トビウオ」のシグナルが点灯していたに対して、目下「鰯喰い」のシグナルが点灯しやすいでしょう。前者はブルトレンドの始まりを示唆し、今回はブルトレンドの継続を示唆するもので、確認できれば、122関門の打診に繋がる公算。


エントリー自体、成功した(実際は成立したレートは120.63~120.75)が、ターゲットの設定、足許の市況に鑑み、聊か問題がある。なにしろ、122関門突破後の所謂「踏み上げ」の激しさに配慮が足りないという反省で、実際短期スパンのカウント、また修正されたわけだが(先ほど配信済)、安易に達成できたターゲットほど悔しい・・・こういった心境、トレンドが明確であればあるほど湧きやすいもの。憎いね、相場!

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。