ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円、今回も「倍返し」でいく?

Posted by 陳満咲杜 on 21.2015 市況分析
ドル/円、長く続いてきたレンジ相場からやっと脱した兆しが点灯している。レンジ相場を打破したであれば、もっとも計算されやすいのは「倍返し」の目標、つまりレンジ相場の値幅をそのまま上乗せしていくターゲットである。広い意味合いでは、トライアングル型整理局面もレンジ相場の一種と見られるから、いろいろ「倍返し」のターゲットを測っておきたい。

001_2015052117174283d.jpg
ドル/円 日足(クリックで拡大)

昨年高値からの変動、大型保ち合い相場と見做した場合、少なくとも上記チャートのように、3つのターゲットを得られるでしょう。因みに、ここではテクニカルの要素のみで、日銀追加緩和の有無などファンダ上の材料を配慮していないから、レンジの打破自体、「ダマシ」でなかれば、達成される見通しである。

002_20150521172444650.jpg
ドル/円  日足(クリックで拡大)

よい前提は2013年5月~同10月や2014年1月~同7月に続いたレンジ相場でしょう。レンジに基づく「倍返し」のターゲット、その後すべて達成されていたので、今回も繰り返されるか。因みに、ドル/円、昨年10月末の追加緩和でまた急騰していたが、レンジ相場の上放れで得られた「倍返し」のターゲット、追加緩和前に達成していたから、今回のケースにも当てはまるのでは、市況は如何に。

注意事項:将来の値動き、あくまで執筆時点の予想となり、これからの市況を指示するものではありません。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示した記事と全く逆の見方を示す場合もあります。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いします。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。