ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またドルインデックスの話

Posted by 陳満咲杜 on 14.2015 市況分析
昨日ドル全面安、ドルインデックスが安値更新した。押し余地、一段と拡大されたわけで、次のターゲットを探ってみたい。

001_20150514215045df9.jpg
ドルインデックス 時間足(クリックで拡大)

まず時間足では、4月13日高値99.99を起点とした下落波、5波構造を示し、第3子波の延長をもって11日高値95.25から最終子波の展開を数える。第3子波の延長があった故に、値幅が第1子波と等しい傾向にあるから、簡単に計算すると92.25前後の下値余地が得られる。

002_20150514215556a50.jpg
ドルインデックス 4時間足(クリックで拡大)

次に3月高値を起点としたジグザグ型反落波、C波(4月高値から)の値幅、A波の1.786倍相当なら92.45前後の下値ターゲットに照準できる。因みに、6日安値93.88は同1.618倍相当だった。

003_201505142159271e6.jpg
ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

最後に日足におけるカウント、2014年7月安値を起点とした全上昇幅、第3波と数えるから、同波に対する38.2%押し位置が92.50を示し、前記計算値と整合性を持つ。すでに昨年7月安値を下回ったドルインデックス、こういった計算値が示す下値ターゲットをトライする公算が高まるでしょう。勿論、調整波との位置付け、足許なお不変なので、下げ一服後、RSIのシグナルに基づく計算、また測ってみたいと思う。市況は如何に。


記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。