ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル高のターゲット、早すぎた計算?

Posted by 陳満咲杜 on 13.2015 市況分析
001_20150513154625da6.jpg
ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

ドル全般の調整が深めている。ドルインデックス、3月高値100.39から大きく反落、6日にて93.88を打診、同安値が再度更新されると、2月安値の93.25の打診に繋がるでしょう、押し目の拡大になお警戒。

ところで、日足におけるRSIに鑑み、昨年5月に付けた安値水準に近付いていたことが分かる。昨年5月と言えば、今回の大型上昇波の起点に当たり、RSIの深押し自体、調整波の一服を暗示するサインと読み取れる。

仮にこれからRSIが安値を更新しない、という前提条件でこれからドル高のターゲットを計算しておきたい。何しろ、今RSIとトレンドの相違、典型的な「リバーサル」シグナルを点灯しているから、くるべきターゲットを計算できよう。

RSIに表示されているAとCの差にBを加えば、ドル高トレンドがなお維持され、しかもこれから高値更新を果たす場合のターゲットを得られる。勿論、RSI自体の数値ではなく、RSIの節目が対応しているレート(終値)をもって計算しなければならない。Aに対応する終値(2014年3月11日)は84.87、Bに対応する終値(2015年3月11日)は99.72で、Cは6日の終値94.15とした。従って、くるべき高値(通過点)は94.15-84.87+99.72=109、と得られる。

001_201505131626037b3.jpg
ドルインデックス 月足(クリックで拡大)

109の水準、ドルインデックスで見ると、2002年高値に相当するレベルで、3月高値が更新されてもかなり距離がある気がする。となると、残った可能性は二つしかない、ひとつは109の目標、大袈裟だから信憑性が低く、目先の押し、なお足りないから、これから深押しをもって計算値を小さくさせ、109より低い計算値を得られる。もうひとつはドル高の余地が大きいが、これから高値更新があっても一直線に109大台の打診ではなく、再度調整波を経てから達成されよう。

何れにせよ、ドル高トレンドが継続される、という大前提が崩れば、話にならないし、また高値更新が確認されてから初めて意味を持つことになろう。目先はこういった計算自体、性急であることは間違いないが、ひとつの視点として面白いかもしれないから記しておいた、市況は如何に。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。