ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドル、リバウンドを完成した?

Posted by 陳満咲杜 on 12.2015 市況分析
豪ドルのリバウンド、先週にてすでに頭打ちを果たした公算fが強まる。詳細の分析は下記のレポートをご参照。

2015年4月8日 19:02配信
本日のチャート  豪ドル/ドル  切り返しの構造
001_20150412212802cd6.jpg
豪ドル/ドル  時間足(クリックで拡大)

市場センチメントと相反し、豪州の金利据え置きがショートポジションの踏み上げをもたらした。3月高値0.7938を起点とした下落波に対するスピード調整(切り返し)が続いている。

もっとも、3月高値を起点とした下落、5波構造を内包し、4月2日安値0.7533をもって一旦底打ちのサインを点灯、同安値から切り返しを展開してきた。時間足の値動きを観察する限り、同切り返し、上のチャートで記しているように、複合型ジグザグパターンの公算が高く、目先最終波動に入ったと見る。

同切り返しの構造に鑑み、Y≒Wと言った計算では0.7736前後の上値余地を示し、同ターゲット、3月高値を起点とした全下落幅の半分押しに相当、整合性をもって切返しの限界を示唆。但し、頭打ちのサインなしでは性急な行動も適切ではないので、戻り限界を確認してからストラテジーを再考。


そして、その後の値動きに鑑み、頭打ちのサイン、すでに点灯した可能性もあり、明日でも豪ドルの頭打ちを証左する値動きになろう。市況は如何に。
001_20150412213551837.jpg
豪ドル/ドル 時間足(クリックで拡大)

注意事項:開示したレポート、あくまで執筆時点の予想となり、現時点やこれからの市況を指示するものではありません。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあります。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いします。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。