ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆張りの前提

Posted by 陳満咲杜 on 09.2015 FX教室
為替の王道は順張りである。一方、逆張りを試せる場合もある。但し、逆張りには前提条件があり、また逆張りの自覚なしでは試すべきではない。

「ブルベアFX通信」最近の逆張り例はドル/円だ。ストラテジーは以下の通り:
2015年3月26日 13:54配信

ドル/円
ロング@118.50~118.70、ストップ@117.90、ターゲット@120.00~120.25(逆張りに付き、ハイリスク)


同ストラテジーを出した前提条件、実は同じ日に出したデイリーにおける短期スパンの見通しやストラテジーにヒントがあった。

2015年3月26日 12:18配信

◆ 短期スパン:FOMC後大幅反落、120.60割れをもって調整波の拡大を示唆。一昨日一時18日安値119.28を割り込み、再度50日線に接近、昨日も同じ試しを行われた。同線の119.20前後は目先サポートの機能をなお果たす見通しだが、地合いの悪化が一段と鮮明化し、10日高値122.02を起点とした反落波の数え直しに繋がった。本日の焦点、20日高値121.20からの下落、まず119円台前半にて一服の有無にあり、成功した場合、スピード調整に繋がり、120前半までの反騰余地を拓ける。但し、スピード調整自体、忽ちトレンドを修正できず、再度頭打ちを果たしてから
下落波を延長さえる見通し。50日線割れを試し、その後118円台半ばの下値ターゲットに照準。短期スパンに限が、一旦ショートスタンスに傾く。


ストラテジー:ショート1@120.20~120.40、2@120.60~120.80、ストップ@121.20、ターゲット@118.30~118.60

そして当日ドル/円は急落、リバウンドを狙うチャンスがなかったので、当然ストラテジーも不発だった。しかし、売り損なったとは言え、ターゲットに接近しそうで、逆張りの注文を出した。言い換えれば、下値ターゲット自体、反落波の最終局面に当たると見込んでいたこそ実行可能で、また根拠でもあった。当日デイリーPDF版は同シナリオを記している。

2015年3月26日 14:56配信
001_201504091951002ce.jpg
(クリックで拡大)

翌日(27日)、当面下値ターゲットの達成でドル/円の切り返しの蓋然性を説明すべく、「本日のチャート」に取り上げた。原文は以下の通り:

2015年3月27日 17:57配信
001_2015040919550825d.jpg
ドル/円 時間足(くりっくで拡大)

ドル/円は昨日安値118.32から切り返しを展開、下げ一服の兆しを示す。既述のように、10日高値122.02を起点とした下落波、ジグザグ構造と見做し、昨日の安値打診をもって、もっとも典型的な調整パターンであるN字計算(C≒A、黄大文字)のターゲットを達成し、調整波の終焉を暗示。

もっとも、同ジグザグの子波序列で数える場合、デイリーにて提示したように、ダブルジグザグ変動パターンとも見られ、また調整子波B(黄)の子波変動リズムも取り入れると、3-3-3といった典型的な調整波の変動リズムを読み取れる。いずれにせよ、調整波の特徴が鮮明になっている以上、底打ちが果たせば、上昇波に復帰しやすい構造にあると見做される。

切り返しが推進波であることを証明するには、C波(黄)の起点である20日高値121.20を前提条件としているが、目先一直線な打診を想定しにくい。推進波として5波構造と想定した場合、昨日安値を起点とした切り返し、同子波序列における最初波と見做した場合、強くても120関門絡みで一服するのでは、再度スピード調整を果たした後の上昇が力強くと想定され、まず10日高値から引かれたメイン抵抗ラインの突破を果たすでしょう。


因みに、26日の最安値は118.32だったなので、ロングポジション(118.50~118.70)が成立し、27日ストップ位置が118.27へ引き上げた。また、現執筆の時点、同ポジションをなお保有し、当然のように、ストップやターゲット、共に引き上げられている。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。