ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120大台回復の意味

Posted by 陳満咲杜 on 07.2015 市況分析
先ほど「ドル/円>120」のツィートをした。ちょっとつまらないが、わけがある。何しろ、同大台の回復、ドル/円のブル基調、再度守られたと思っているからだ。根拠は以下の如き。

まず、先週末の米雇用統計ショック、テクニカル上同位置付けるかについて、昨日昼ツイッターにて下記のチャートを示した。
001_201504071820409ba.jpg
(クリックで拡大)

その後夜のラジオ番組にて、同チャートの解釈を行い、ドル/円は前のパターンを繰り返す、再度底割れを回避できる可能性に言及した。

更に、昨日ブルベア通信の本日のチャートでもドル/円を取り上げ、原文は以下の通り:

2015年4月6日 17:29配信

本日のチャート  ドル/円  カウントの節目
001_2015040718274838a.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

3月10日高値122.02を起点とした反落、同3月26日118.32をもって底打ち、同安値から切り返しを展開してきたことは既述の通り。カウントによって、上の序列における位置づけが違ってくるが、118.32を割らない限り、同安値を起点とした切返し自体を維持でき、3月安値を割り込めるかどうかは一つの節目と見做される。

先週末米雇用統計の大幅悪化を受けたドル急落、本日の値動きにも影響してくるが、3月安値を下回らない場合、却って現在のカウントを証左できると思う。3月31日高値120.36からの下落、調整波(B、黄)と位置付け、3月26日安値を起点とした全上昇幅(A、黄)の78.6%押し(≒118.76)は先週末の安値と合致、更なる安値打診なしでは早期底打ちの可能性も。また、調整波自体のジグザグ変動構造(a-b-c、藍)に鑑み、c=1.382aとの計算で、約118.60前後の安値打診が見込めるが、留まった場合、調整波自体の位置付けを維持できよう。

フォーメーションの視点では、前記カウントの節目を保った場合、時間足では「逆三尊」の形成を期待でき、切返しの蓋然性を示すもの。近々シグナルの点灯を待ちたい。


そして、本日午後のつぶやきは以下の通り:
001_201504071831195a8.jpg
(クリックで拡大)

現執筆時点のチャートは以下の通り:
001_20150407183506e0d.jpg
ドル/円、日足(クリックで拡大)

となると、ドル/円の120大台回復、少なくとも以下の2点において意味を持つでしょう、即ち1、「はらみ線」の上放れ、2「逆三尊」におけるネックラインの突破。従って、ドル/円、ブル基調に期待できるのではと・・・市況は如何に。

注意事項:開示したレポート、あくまで執筆時点の予想となり、現時点やこれからの市況を指示するものではありません。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあります。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いします。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。