ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追撃の本質

Posted by 陳満咲杜 on 18.2015 FX教室
ポジションを増していく行為、概ね難平と追撃の二つパターンに分けられる。一般論として、保有ポジションに比べ、より不利な位置でのポジション増加は難平と言い、その反対、つまり保有ポジションより有利な位置にて新たなポジションの取得は追撃と見做される。実例をもって追撃の本質に迫ってみたい。(ブルベアFX通信におけるすべてのストラテジーはビット値のみを基準としていることに注意)

ストラテジー事例6
ポンド/円  時間足(クリックで拡大)

3月6日の新規ショートは売り増しであった。3月3日に仕掛けたポジションより更に有利なレートを狙ったので、追撃であった。詳細を見てみると、3日の仕掛け、根拠として緑大文字の1、2、3が示しているように、「キャシャロット」シグナルの点灯、直前安値の割り込め、そして戻りがあっても「鰯喰い」シグナルを灯したことが挙げられる。その上、何よりも時間足における三尊型(185.02を中心に)の形成やその下ほれを期待したトレードであった。この意味では、最初の仕掛けは打診の意味合いも濃厚であったと言える。

その後、想定通り、183.53/84割れをもって「三尊型」の成立や下放れが確認され、追撃の土台をできたと言える。そこですぐ追撃、即ち売り増していくことも可能性だったが、6日の行動に比べ、確実性に劣っていることも確かであった。

何故なら、182.38の安値をトライ後、ポンドは大きく反発、一旦183.72まで反騰していたので、「三尊型」の「ネックライン」を再トライしていたことが分かる。ここで注目すべきなのは、同リバウンドにおける最高値(183.72)、時間足では長い「上ひげ」の罫線をもって「ネックライン」の抵抗を最証左しただけではなく、GMMAチャートにおけるトレンドの継続を一層強化していた(緑大文字4)。同じのサイン、4時間足でもしっかり確認できたので、当日ツイッターでも取り上げた。
002_20150318172559966.jpg
(クリックで拡大)

従って、追撃の本質、優位性と確実性の両方から語らないといけない。何しろ、保有ポジションより、更に有利な位置でポジションを増していくことは、ポジションの優位性を最大限に発揮するための行動であり、またその優位性を一層強化するためにもより確実性の高いトレードを実行しなければならない。そうでないと、ポジションの優位性を毀損する恐れもあるから、追撃本来の目的から遊離したトレードになりかねない。この意味では、一般の難平は優位性を持たないまま、確実性の面でも矛盾が生じるから、愚かな行為しか言いようがないと結論付ける。随一の例外として、エントリータイミング狙いで、最初から戦略的に組まれたものもあるが、多くの制約や条件がある。この辺の区別、今度詳説したい。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

セミナー・最強GMMAを活用し、2015年こそ勝ち組に

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。