ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BULLBEAR FXシグナル」12月のパフォーマンス

Posted by 陳満咲杜 on 09.2008 お知らせ 14 comments 0 trackback
一昨日、すべてのポジション(12月中の建玉)が決済されたので、昨年12月の「BULLBEAR FX シグナル」のパフォーマンスを統計できた。結果は8勝16敗となり、92,550円のプラスだった。

12月にはかなり苦戦を強いられた。言い訳できないが、当方が得た教訓として以下の2点にある。まず、シグナルを点灯させるシステムに、所謂「相場感」のウエートを占め過ぎたこと。次に、点灯する頻度が高すぎたことである。言い換えれば、取引する際、所謂ストラテジー自身がマイナスに動くリスクをもっと想定すべきで、リスクを抑える意味でもシステムの「鈍感力」を高めるべきだった。

勝率で見ると、12月のパフォーマンスが恥ずかしい限りであったが、それでもマイナスになれなかったのは、「損失を抑える、利益を伸ばす」との原則を忠実に実践しただけであった。戒めの意味を込めて、明日12月のデータを以って検証を行いたい。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

陳先生のコメントの中に、「早い段階での突破がなければ、ユーロが売られやすいという懸念」があるとございますが、これはユーロに限ったことでしょうか?それともこのような緊迫したレベルにおける市場の感情として突破できないときには一旦下落に転じると早いということでしょうか?
2008.01.14 23:23 | URL | 名前を考えています #79D/WHSg [edit]
皆さん:
  
  今晩は。いろいろご指摘、ありがとうございます。シグナルに関して、結果がすべてではないとしてても、もっとも大事と言わざるを得ないと思います。ですから、スタンスの一貫性に欠けるとの指摘を否定できず、また私も再勉強させていただきました。uedaさんのお叱りに感謝しています。このようなご意見、今後ともお願いします。

  GBP/CHFについて、GBP/USDに絡んでいるだけに、当方の見通しも当然違ってきます。但し、目下の水準に関してはやは「りリバウンドあり」との認識を持っています。

  USD/CHFに関しては、一応1.0670前後まで下げると見ていますが、今のレベルから一直線に下落といったシナリオには違和感を感じていますので、来週の値動きをもう少し見たいと思っています。ちなみに、ドル/円に関しても同じイメージであります。

 ユーロ/ドルについては、「緊迫するぐらいのところまできました」との判断には同感です。ただ、現時点以前上放れとの可能性が大きいと見ています。但し、早い段階での突破がなければ、ユーロが売られやすいという懸念も持っています。しっかりポジションを管理したいと思います。

 仕事と執筆の関係で、なかなか皆さんのご要望をすぐ応えないかもしれませんが、頭に入れておきますので、時間の余裕が出る際、お答致します。

 ちなみに、金曜日から会社の用事でかなり忙しくなったので、予定された記事の更新を遅れました。お詫び申し上げます。

 (本日全く内容のない嫌がらせのコメントを書かれていました。思慮の末、削除することにしました。以前似たようなコメントを公開したが、このままでは「2チャンネル」化するのを見えてきます。よって、今後も削除することで対応させていただきます。もちろん、手強くてもいいから、uedaさんのようなご指摘を引き続き歓迎していますので、単純な嫌がらせでない限り、皆さんのコメントを公開させてもらいます。)
2008.01.14 01:04 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
前回、投稿した時に書きましたが、ポン円230.2の売りを
筆頭に6ポジを私は、先週金曜日に全て決済しました。
ドル円についても、120円以上の3ポジを残し利喰いしました。
理由は諸々ありますが、まぁ時間切れの感が自分の中で
ありまして。
ドル円を買う気はさらさらないですが、主要通貨のドル売りと
私にとっては久々にクロス円の買いを入れてる最中です。
ユーロドルが緊迫するぐらいのところまできましたので、
非常に注目しております。
また、ご披露できる範囲で結構ですので、ユーロドルの相場感をお聞かせ下さる事を、楽しみにしてます。
また、今年も拝見させて頂きます。では。
2008.01.13 02:43 | URL | ペル #79D/WHSg [edit]
ポンドですがポンド円でもポンドドルでもポンスイでも下ひげが出てますね。ポンドドルとポンスイはRSIでダイバージェンスも見れます。ポンスイは過去の下値にも近いですね。
よって一旦はポンド反発しそうな感じがしますがドウでしょうか?
2008.01.13 01:50 | URL | metalisa #79D/WHSg [edit]
 ブログ内での記事のみならず、このコメント欄でも
来客の質問に対して重要な陳氏の回答が散見していると思います。例えば、ポンド/円の次の目標は、今夏もしくはそれ以降に202円など。著書をご執筆中のごの身であまりご無理を言えませんが、一度こうしたポンド/円についての個別の回答をまとめ、記事にしていただければ幸いです。
 
 ところで、、陳氏は、トレンドを一時的に乱す出来事を「ノイズ」と形容されていますが、本来ある一方向に進む可能性のあったトレンドを劇的に変えてしまうような(ノイズならざる)「アクシデント」があるとすれば、現状において何が挙げられるでしょうか。
2008.01.12 02:05 | URL | ササオ #79D/WHSg [edit]
陳さん、ご回答ご丁寧にありがとうございました。
私はポンドドルの反発を否定しているわけではありません。週足の90週線を明確にまだ割り込んでいませんから、今のレベル近辺での反転の可能性もあると思います。

しかし、前回ユーロドルの反転を狙って少しずつ私は買い下がりましたが、陳さんはリスク回避から反転を確認した「逆指し」をあえて主張なさいました。
今回、さらに危険度の高いポンドドルの反転を狙うのであれば、なおさら反転の確認をした「逆指し」でもう一度エントリーすべきではないでしょうか?
シグナル自体のことを否定するつもりは全くありませんが、
トレードのスタンスとして一貫性が無くブレがあると感じます。
陳さんの前回の主張通り、危険度の高いポンドドルの斑点狙いは、リスク回避を優先したトレードスタンスであるべきではないでしょうか?
このことは陳さんから勉強させていただいたことです。
2008.01.12 00:01 | URL | ueda #79D/WHSg [edit]
昨年末以来、御ブログを拝見させていただいております。それでこの度初めてご質問させていただきたいのですが、少し前にどなたかのGBP/CHFの質問に対して陳氏は、「短期的にはGBPはもうすぐ反発する」とのことでした。しかし、あいにく今のところまだ一向に反発していないようですが、この点ご見解をお聞かせくださいませんか。反発を機にショートをかけようと手ぐすね引いていましたが、現状あれよあれよという感じです。ご回答よろしくお願いします。
2008.01.11 19:42 | URL | ササオ #79D/WHSg [edit]
陳先生のぶれのなさに感服致します。私はいつも自分で思ったことを変えた直後に、自分の思っているとおりに相場が動いてしまいます。そのような経験がありながら、失敗してしまった通貨に対して挑むことがなかなかできません。12月の合計がプラスだったことにも感服致しましたが、今回のコメントに関してより感服いたしました。今、私は『欲望と幻想の市場』を読んでいますが、陳先生はまさにリバモアの成功ケースと同じように取引されているように思います。私もいつか自分の感情に流されずに、淡々とシナリオ通りに取引ができるようになりたいです。
今後ともよろしくお願い致します。
2008.01.11 19:34 | URL | イーヨー #79D/WHSg [edit]
皆さん:
  こんばんは。メッセージ、ありがとうございます。
  DDさんが言うように、神様が意地悪いのようですね。が、相場の神様が意地悪でも、常に正しいですので、意地悪された自分が反省しなければいけません。
  
 uedaさんのご指摘、真摯に受け止めます。結果としてはブレとなり、言い訳できません。敢えて言わせていただけるなら、自分のロジックがプットされるシステムが点灯すれば、仮にストップされた直後でも基本的にはエントリーを試します。
  
 失敗の原因は「相場感」にウェートを置き過ぎたことにあると思います。また、オシレーター系指標から逆算された数値をかけるフィルターが甘かったことに起因します。但し、1.96割れが2.09まで回復といったシナリオの消滅を証左したが、リバウンドできないと示唆するものではなりません。恐れく近い頃シグナルがまた点灯されるので、新たのロジックをインプットし、検証してから出します。

 mimiさん、saga165246さん、今度ともよろしくお願いします。



 
2008.01.11 19:07 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
たびたび恐れ入ります。
上記の方とダブりますが、ポンド/ドルの新たな見通しをお聞かせ願えないでしょうか。
ポンド/ドルはどこまで下がり、ポンド/ドルはどこまで上がるのか・・・

別件ですが、ドル/スイスフランはどこまで下がるでしょう。1.0000を目指す勢いです。
どうも、ドル/フランは存在を忘れた頃に、いつの間にか下落していて、いつも売りエントリーをし損ねています。今回も見てるだけ・・
前回陳氏のシグナルで保有した時、そのまま決済せず保有していれば・・・
2008.01.11 18:40 | URL | DD #79D/WHSg [edit]
陳さん、昨日はアドバイスありがとうございました。
BOE据え置きの場合のシナリオがたまたまうまくいきました。
12月の勝率の悪さは、シナリオはプロでも外れますし、流石の陳さんも常勝ばかりとはいかないでしょうから、あまり気にしないで下さい。今後に期待しています。

しかし、ポンドドルのトレードスタンスには異論があります。
以前、ユーロドルの逆指し買いのケースでは2回目に見事にヒットなされましたが、ポンドドルの反転狙いはユーロドルに比べてはるかに危険度が高いと思います。しかも、逆指しで失敗した後、さらに成り行きでも失敗していますが、このようなトレードスタンスには少々不安を覚えます。
週足チャートの分析でご自身で1.96割れがポイントと指摘されていましたよね。
シナリオが外れることは気にしませんが、トレードスタンスのブレはちょっと見逃せせません。
失礼なコメントで誠にに恐縮ではありますが、
差し支えない範囲でご回答頂けましたら幸いです。
2008.01.11 18:07 | URL | ueda #79D/WHSg [edit]
陳 様

昨年後半よりこちらのブログでお世話になっております。
素人のその場判断で、赤字を戻したのもつかの間、後半又マイナスに転落、またも負け組です。
今年はテクニカル分析の入門編、ピボット6日平均を試用と決め、昨年のデータで検証中です。
おりに触れ、先生の相場分析に加え、参照されている?テクニカルにも触れて頂ければと期待をしております。
今年も宜しく御願い致します。
2008.01.11 12:21 | URL | saga165246 #79D/WHSg [edit]
はじめましてこんにちは。
以前からブログを拝見させてもらっています。
FXを始めて半年のヘッポコトレーダです。
今まで200回以上トレードしていて少しマイナス。最近は少し疲れてしまいました・・・

でも陳さんのしっかりとしたストラテジーに元ついたブログを読むと、陳さんのように相場を見切れる人は確実存在する。そう感じます。
今は勉強することが多いわりに、相場ばかりが気になり、自分のシナリオを養うことなど無理ですが、少しずつ陳さんのブログから教わろうと思います。

イーストヒル
勝ち組トレーダーの集まる場所へ
会員にさせていただきます。
よろしくお願いします。




2008.01.11 07:26 | URL | mimi #79D/WHSg [edit]
今朝、パソコンを開けて見ると、陳氏のブログが更新されていました.早速コメントさせていただきます。ただ日付がおかしいような気がします。

 さて昨日のユーロ上昇は、陳氏の日頃の講義を聴いていたので、驚きませんが、豪ドルが一夜でこれほど上昇するとは驚きました。あらためて陳氏の眼力には恐れ入りました。ユーロ・ドルは他のブログや、専門家の意見では売り推奨が多かった様に思います。

でもポンドだけ、やはり動きが冴えないですね。
利下げ見送りで、暴落はなくなりましたが、発表後のジグザグには参りました。昨日のポンド・ドル最安値を見る限り.為替市場の神は陳氏に意地悪な様です。

ちなみ私に完全に神に見放された存在の様です。
利益をできるだけ伸ばせとの陳氏の教えも、欲に負けて
守れず。
リスク限定、利益無限大のこそ為替の醍醐味という事を
新ためて思い出す次第です。
2008.01.11 07:24 | URL | DD #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/70-be12193a

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。