ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAで先知先(2)

Posted by 陳満咲杜 on 29.2014 FX教室
同じ「一抹の不安」、ユーロ/円にも通じていた。23日16:06配信の「ストラテジー・フォロー」、ユーロ/円のショートポジション(@135.70~135.90)もストップを135.70へ下方修正した。実際、こういった不安、証明されるも時間がかからなかった。

0022_20141029215201e84.jpg
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)

チャート上記されたように、配信後ユーロ/円すぐ安値を一時トライしたものの、「下落ウェエジ」の下限ラインに止まり、忽ち反騰した。16時の時間足、長い「下ひげ」をもって「下落ウェエジ」の上放れ可能性を暗示、その後17時~18時にかけて大きく上昇し、その可能性を現実とさせた。ユーロ/円の一段リバウンドを強く示唆していたわけだ。同じPAでの視点、日足ではより鮮明であった。

27日のレポートはユーロ/円のPAを解釈したので、下記に開示。

2014年10月27日 17:40配信
本日のチャート ユーロ/円  PAの視点

0023_20141029220414bd6.jpg
ユーロ/円 日足(クリックで拡大)

ユーロ/円は短期スパンにおける反騰余地を一段拓く公算。PAの視点では、反騰波、16日安値134.13から継続されており、23日の大陽線によって強化された。

16日罫線は典型的な「ダぐり線」を示し、177pips程度の「下ひげ」をもってリバウンドを強く暗示していた。20日高値137.00までの反騰、一旦頭打ちとなったものの、23日安値135.20をもって再度切り返し、反騰波の継続を強く示唆している。

同見方、23日安値、16日安値から20日高値までの上昇幅に対する61.8%押し位置に合致したのみではなく、23日の大陽線自体、「フェイクセットアップ」というシグナルの点灯に繋がったところが大きい。

まず、22日終値に注目していただきたい。同日終値の135.45、事実上9月高値141.22を起点とした下落波におけるもっとも安い終値であったことに鑑み、翌日の安値更新、本来新たな安値トライにつながるはずだったが、同日一転して高く大引け、10月8日以来もっとも高いところに大引け(136.81)、典型的なサインを灯したと見る。同サインに継続した形で、先週末も136円台半ば前後のサポートを確認してから続伸、134.13を起点とした反騰波の継続を示すサインと見る。

目先、ジグザグ変動パターンがもっとも有力視され、N字型変動なら最短138円台前半の上値ターゲットをトライしよう。9月高値を起点とした全下落幅の61.8%反騰位置(約138.50)に鑑み、調整波の拡大を十分想定されるではないかと見る。但し、調整波の拡大があっても性質が変わらないから、反騰一巡る後、大型ベアトレンドへの復帰、引き続きメインシナリオとして重視。


無論、短期スパンではユーロ/円のロングを試すべきだったので、同日のストラテジーや翌日のフォローは以下の通り。
0024.jpg
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)

ところで、最後のチャート、どこか「変」だと気付いていただけたでしょうか。その「変」なところ、ストラテジーの根拠にもなるから、説明や解釈はまた今度にしたい。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。