ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年10月10日コラム

Posted by 陳満咲杜 on 10.2014 視点論点
01_20140119162746eec.png

■米ドル高一服!典型的な「クライマックス」のパターン

米ドル高一服のサインは鮮明になってきた。前回のコラムでこの可能性を指摘しておいたが、想定よりやや遅れた形で今週(10月6日~)に入ってから大きく動いた。

【参考記事】
●クロス円はもう頭打ち! 円安クライマックス最終段階で来週の市場は大転換期に?(2014年9月26日、陳満咲杜)

とはいえ、先週(9月29日~)、すでにそのような兆しは見えていた。週末(10月3日)に発表された米雇用統計の好調を受けて、ドルインデックスは再度急伸、「典型的」なクライマックスのパターンを示していたのだ。

言い換えれば、先週末(10月3日)の「好材料」の出現は、実にトレンドをいったん休止させる「原動力」となったわけだ。

「典型的」なクライマックスのパターンとは、しばらく強いトレンドが進行し、最後にトレンドに沿った大きな材料が出た途端、トレンドが反転されるというもの。

ここで重要なポイントは、強いトレンドゆえに、最後に出た材料はトレンドと相違しているのではなく、むしろ、トレンドをさらに押し進めていくようにみえるところだ。

言い換えれば、材料がトレンドの後に追随し、また、トレンドがだいぶ先掛けして材料を織り込んでいた分、同材料が利益確定の好機と見なされるわけだ。今週(10月6日~)に入って一転して反落となり、先週末(10月3日)の急伸が結果的に「ダマシ」になったことも理解できるだろう。

■ドルインデックス週足の12本連続陽線も、行きすぎを示唆

もっとも、7月半ばからドルインデックスは週足で「12本連続陽線」を形成しており、これはいくらなんでも行きすぎであった。

したがって材料は何であれ、ロング筋が利益確定に動くから、今週(10月6日~)に入ってからの反落はごく自然な成りゆきだ。為替市場の基調、しばらく調整色に染められるだろう。

ところで、主要通貨のうち、先週末(10月3日)は米ドル/円のみ…

全文はコチラ

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。