ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンス転換の本質(2)

Posted by 陳満咲杜 on 10.2014 FX教室 0 comments 0 trackback
前回に続き、豪ドル/ドルその後、一見して予想通りの値動きを見せてくれたが、つい0.9320/25を割らずに再度反騰した。
チャート上の確認は以下の通り。
0022_20140810211203866.jpg
豪ドル/ドル  4時間足(クリックで拡大)

同リバウンドを受け、7月22日のレポートは以下の通りだった。

2014年7月22日 16:55配信
0022_2014081021143889d.jpg
豪ドル/ドル  時間足(クリックで拡大)

1日高値0.9504から5波構造の下落波を展開してきたことは既述の通り。一方、3日安値0.9327までの下落を同5波構造の最初波(1、紫)と見做した場合、足許まで調整子波2(紫)が続いている公算も高まる。

この場合、調整波の拡大でジグザグ変動パターン自体の子波を数えると、5-3-3といった変動リズムを形成された蓋然性が高く、同ジグザグにおける最終子波C(緑)、18日高値0.9410をもって完成されていない場合、一段と戻り余地を拓くでしょう。言い換えれば、0.9410のブレイクを前提条件とし、調整子波の延長、再度0.94半ばのレベルをトライしてから頭打ちを果たす可能性が大きい。反面、0.9410のブレイクなしでは早期完了の見方に傾き、0.9504から引かれる抵抗ラインの役割が証左する形で下落波の展開に繋がる。

もっとも、1日高値を「ヘッド」と見做した場合、大型ヘッド&ショルダーズの形成が測れる。同フォーメーション、「右肩」完成の有無が目下の焦点となるが、フォーメーション自体の蓋然性が高く、早晩下放れを果たすでしょう。ストップ@0.9415へ下方修正したいが、触られた場合、、ショートポジションを再構築したい。


同レポートでいうストップの下方修正とは、同日デイリーにて提示したストラテジーに対する修正で、以下のものだった。
ショート@0.9365~0.9395、ストップ@0.9455、ターゲット@0.9190~0.9210。実際、同日0.9415でストップに掛かり、豪ドルは24日一時0.9474まで上昇した。但し、同レポートの指摘通り、ストップが実行された場合、次の売り好機を探る原動力になるから、早くも28日にてチャンスに恵まれた。7月28日のレポートは以下の通り。

2014年7月28日 18:23配信
本日のチャート  豪ドル/ドル メイントレンドへの復帰

0022_2014081021384131c.jpg
豪ドル/ドル 時間足(クリックで拡大)

豪ドル/ドルは先週0.94734にて頭打ち、メイントレンドの下落波を推進してきた公算が高まる。同カウントでは、7月3日安値0.9330から先週高値までの大型ジグザグ変動を調整子波2(紫)と見做し、同高値から推進子波3(紫の序列)を展開してきたわけだ。

調整子波2(紫)の大型化に鑑み、推進子波3(同序列)の大型化も想定され、5波構造と推測した場合、最初子波(I、藍)、先週安値0.9384をもって完成された可能性。同見方、I波自体の5波構造によって強化され、これから忽ち安値を更新しない限り、調整子波II(藍)を完成しよう。

従って、目先一旦リバウンドの余地があるものの、I波の38.2%~50%戻しに留まる公算が大きい。戻り自体、スピード調整に過ぎないため、戻り売りの好機とと捉える。来るべき子波III(藍の序列)が0.9325/30を割り込む計算となり、7月1日高値を「ヘッド」とする「ヘッド&ショルダーズ」の下放れを意味し、より大きな下落余地を拓くでしょう。新たなストラテジーは以下の通り:

ショート@0.9415~0.9430、ストップ@0.9465、ターゲット@0.9185~0.9220


記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ザイが作ったマンガ「FX」入門、プレゼント!

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/676-a046561b

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。