ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドル/ドルも規則正しすぎた?

Posted by 陳満咲杜 on 31.2013 FX教室 0 comments 0 trackback
豪ドル/ドルは23日高値0.9757から昨日まで「6連陰」をもって反落してきた。もっとも、この通貨ペア、市場センチメントと逆に動く傾向が強いので、7月末/8月初の極端弱気の時底打ちし、今月半ばから豪州利下げばかりか、利上げ可能性ありといった観測が浮上したばかりの際反落してきたことは好例である。

市場センチメントに関するお話はさておき、シンプルなテクニカル手法をもって最近の値動きをみてみよう。割と
分かりやすいかと思う。
001_20131031173541272.png
豪ドル/ドル 日足(クリックで拡大)

まず、豪ドル/ドルの頭打ち、4月高値を起点とした全下落波の半分押しを達成した上、200日線も打診していたから、一旦反落してくる蓋然性が大きかった。

001_201310311744244ea.png
豪ドル/ドル 日足(クリックで拡大)

次に、上のチャートで示すように、8月安値を「本尊」とした「逆三尊」にしても、7月高値から8月安値までの値幅を9月末安値から測る「倍返し」にしても、上値ターゲットは共に達成されており、一服しないほうがサプライズを感じるほどだ。

001_201310311749361d6.png
豪ドル/ドル 日足(クリックで拡大)

最後に、200日線を打診しても、4月高値より遥かに低いレートに留まるが、対応しているRSI、4月高値に対応するレベルを超え、弱気リバーサルシグナルを点灯していた。従って、調整は避けられなかった。ちなみに、RSIのサポートライン、目下にてその役割を再確認されてもおかしくないから、本日下げ一服を果たす可能性がありそうだ。

当然のように、エリオット波動論も同じことを示唆していた。具体的な説明は本ブログ20日記事をご参照。また、9月5日記事の一読もおすすめ。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをご参照。


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/618-74aee539

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。