ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円 規則正しすぎる?

Posted by 陳満咲杜 on 30.2013 市況分析 0 comments 0 trackback
ドル/円は切り返してきた。もっとも、米債務問題云々、FRB政策云々とかいろいろファンダメンタルズ上の問題に絡んでいるものの、最近ドル/円の値動き、個人的にはかなり規則正しく動いてきたと思う。足許の市場センチメントに鑑み、規則正しすぎると言っても過言ではなさそうだ。


要するに、ファンダはともかく、テクニカル上の視点を重視すれば、25日安値96.94からの切り返しも当然その一環として捉え、自然な成り行きである。証左材料として「ブルベアFX通信」の25日レポートを開示しておく。

2013年10月25日 14:30配信

本日のチャート  ドル/円  3-3-5変動構造の示唆

001.png
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

17日高値99.00を起点とした調整波、最終段階におり、すでに底打ちした公算。根拠は以下の二点に集中できる。

1、調整波、大型ジグザグ変動パターンを持ち、それぞれの子波変動で数えると、3-3-5変動構造にある。言い換えれば、98.48から始まったC波(緑)、目下の安値更新をもって5波構造を完成、調整波自体の終焉を示唆。

2、N字型計算では、C(緑)=A(緑)で測ると、97.04といったターゲットを得られ、目下ザラ場安値の96.94、一時のオーバーとして許容範囲。

よって、97.62(C波子波ivのトップ)の回復をもって底打ちのサインを点灯、新たな上昇波を展開しよう。サイン待ちだが、本日市況次第、新たなロングポジションを増やしていきたい。


現在の市況は以下の通り:
001_20131030152740ace.png
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

因みに、GMMAチャートで見るドル/円の切り返し、本ブログ16日記事で紹介した「新1-2-3の法則」でも検証される。具体的な表示は以下の通り:
001_20131030153517b67.png
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

なお、「規則正しすぎる」の本意を理解するには、本ブログ21日記事23日記事の併読をお勧め。

注意事項:開示したレポート、あくまで執筆時点の予想となり、現時点やこれからの市況を指示するものではありません。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあります。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いします。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをご参照。

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/617-45594df7

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。