ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルインデックス再考(日足)

Posted by 陳満咲杜 on 17.2007 市況分析 14 comments 0 trackback
ドルインデックス再考(日足).jpg 
クリックで拡大

先週ドル急伸、ドルインデックスも77.48の高値を付け、当方の10日時点の見通しが誤ったことを証明した。

そのため、ドルインデックスを再考しなければならない。上のチャートは先週金曜日までのチャートで、同じくRSIを使って今後の動向を探る。

私としては、まず重視しているのは、現在RSIのレベルである。目下ドルの急反発を受け、RSIも65.46まで付けたが、図示のように、年初からRSIの高値と高値を連結するライン(レジスタンスライン)に近づいている。年初からドルのベア相場が続いたことに鑑み、同ラインをブル・ペアライン、即ち分水嶺的な位置を示していると読み取れる。

この見方が正しければ、今後同ラインのブレイクの有無が非常に重要になってくる。が、10日の記事にも解釈していた「リバーサル」とのシグナルは消滅ばかりか、かえって鮮明になったことも看過できず、総合的に判断すると、当方としてはドルの上昇にはなお懐疑的である。

言い換えれば、仮にドル全体がすでに底を打ったとしても、このまま上昇を続けるではなく、一旦再調整してからまた上値を取っていく蓋然性が高いと見る。この場合、RSIも早晩前記のブル・ベアラインを突破、78或いは80といった「買われ過ぎ」ゾーンへ打診することに。逆に、「買われ過ぎ」でない限り、ドルの本格的な上昇がこないである。

一方、私の経験では、本格的であればあるほど、相場のトレンドが安易に転換しない習性を持つので、市場より先に走ってはいけない。即ち、本格的なブレイクを待ったから行動すべきであり、ブレイクがなければ、ドルのベア相場がなお継続されるということになる。

「リバーサル」シグナルを基づき、再計算しているところ、ドルインデックスがもう一回安値更新もあり得るという結果が出ったが、チャート的には75レベルが現実的ではないかと思っている。逆計算したところ、ドルインデックスは78前後まで高値更新する余地もあるものの、やはり頭打ちしやすく、再下落する公算が大きい。

この意味では、ドル/円、ユーロ/ドルにおけるドルの高値が今週において限定的だと思う。前回において申し上げた目標値を一旦お預けにするが、ストラテジーの転換にはもう少し相場の証左が必要、という時期に差し掛かっている。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



▶ Comment

(悩み中)さんのコメント、とても分かります。FXを初めて3年ですが、自分の少ない時間の中で亀の歩みながらテクニカルなども勉強してきましたが、やはりプロの方や専門家の方の見通しなどを聞かなければ読めない時の方が多いです。テクニカルはたくさんの種類があり、どれがどの相場状態に合っているのかを選び、また比較し、情報をとり分析し、かつ自分なりのシナリオを描き、ターゲットを決めるというのは本当に難しく、不勉強と言われればそれまでなのですが、いつも自信がない状態です。相場は戦場とも言いますし、やはり正解や甘さはある訳はないので、そんな簡単に利が出る方法もないですし、まだ退場しないで生き残っているだけ奇跡なのかもしれません。

テクニカルは数値を何に設定するかでもグラフが変わってきてしまいますし、業者デフォルトの数値でいくべきなのか、それとも自分で決めた数値にしてグラフを描くべきなのか、その方がより精度が上がるのかなど、分からないことだらけです。色んな方の本から読み取った数字を入れてみたりしていますが、なぜその数字でなければならないのか、その数字が現在の相場つきにも有効なのか実は全く自分で分かっておらず、情けないばかりです。

ファンダメンタルについても、素人では手に出来る情報にも限りがあり、また、手にしたときにはある程度相場が出来てしまっていたりと、3年目にしてようやく、自分の投資スタイル(短期~中期)にはファンダメンタルの分析が有効なのかという疑問を持つことができました。少しでも早く、世界の流れを知ろうとRoyterやCNNなどのサイトやFRBの議長声明など読んでみてもいるのですが、それで結局結論は?というところで、情報に飲み込まれているのか、英語のニュアンスを掴み切れていないのか、事実としての原因から出てくるべき、将来のシナリオというものを描ききれません。

博打的な要素が多分に多い投資スタイルになってしまい、これをどうにかできないものかと悩む日々です。悩み中さんへの答えになっていなくてすいません。
長くなりまして失礼致しました。
2007.12.19 08:19 | URL | 初心者 #79D/WHSg [edit]
CLOUD9さん、ご回答ありがとうございます。お世話になる一方ですみません。今後もよろしくお願いします。

あの~さん、お世話になります。ご期待に応えるよう頑張ります。

アルコールさんのご質問ですが、ドル安にしても、ドル高にしても、その受け皿として買われ、あるいは売られる外貨(ドル以外の通貨)がその役割に関してはやはり程度の差があります。即ち、「タイミングが違う」ということになります。

但し、足を揃って急騰あるいは急落する時もあります。つまりドルのトレンドがモメンタムを伴って急激な進行を行う時であります。言い換えれば、外貨が足を揃った場合、ドルの一辺倒の展開になりやすいと見られます。

ユーロの地位に鑑み、各通貨はドルだけではなくユーロとも比較することで、より全体像を掴めやすいかもしれません。例えクロス円相場でも例外ではありません。例えポンド/円を見る場合、ドル/円、ポンド/ドル以外、できればユーロ/ポンドとユーロ/円も同時観察することによって相場の構図がより鮮明になってくるはずです。私見ですが、ご参考まで。

悩み中さんのご質問はなかなか面白くかつ奥深いと思います。私も皆さんのご意見を聞きたいので、後ほど私見を述べることします。

返事遅れたことにお詫びします。皆さんお休みなさい。
2007.12.19 00:13 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
いろいろな方のブログで、相場分析の重要性などを説いてられます。私も一通りは勉強をしました。その結果、勝率は上がり大きな失敗はしなくなりましたが、努力に見合う利益はないと思います。
これは、まだまだ勉強不足なのでしょうか?
陳先生も含め、世界中のエリートや経済学の専門家が日々勉強されています。そんななか、素人が片手間に勉強した知識で大きく勝てるようになるのでしょうか?勉強して財産を築けるのならば、みんな必死で勉強し、大金持ちが増えるような気がします。
このままテクニカルの勉強を進めてよいのか悩み中です。テクニカル分析は基本だけ身に付け、あとは経験や勘などの博打要素を鍛える方が有効なのでしょうか?少々、自分の方向性に不安を感じております。
陳先生、みなさん、どう思われますか?
2007.12.18 23:52 | URL | 悩み中 #79D/WHSg [edit]
二度目の書き込みです
未熟者のアルコールです
カナダ、ユーロやポンド、オセアニア
それぞれの通貨で調整のタイミング、期間に
ずいぶん差があるように思います
再び、ドル売りに転じるときは足並みが揃うのでしょうか?それぞれにタイミングが違うでしょうか?
クロス円等はどの通貨で勝負するか悩みます

利益より損失のほうが多いので
ジャック・ジュワッガーさんの本を読みます
私のレベルが上がったらいいのですが
2007.12.18 19:18 | URL | アルコール #79D/WHSg [edit]
陳様もコメントを返す事を認めていらっしゃるようなので、初心者様へご返答させて頂きます。
その解釈で、良いと思います。
しかしこれは私の蟻の脳みそで勝手にイメージしたに過ぎない妄想で、私も常に陳様と同じ見解に立ち戦略を立てている訳ではありません。
長期的、短期的でもまた違います。
目的は唯一。「利益を叩き出す」事です。(笑)
やはり、究極は陳様も常々仰って要る様に、
「相場は誰よりも賢く、最後の審判は相場のみ下せる」であります。(笑)

かくいう私もネットで自分の考えを書いている以上
平均化に加担しているのかも知れませんが、(もともとそれ自体机上の空論に過ぎないかも?)
これはこの狭い日本国内での話で世界規模ではそのような事があるのかどうかは全く不明。
仮に平均化が起きたにせよ、銀行ディーラー達にとっては関係の無い話(むしろ美味しい)かも知れませんね。(笑)
陳様、この場をお借りいただきました。
2007.12.18 15:15 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
>>『売り方が買い戻しに走る要因としては何も損切りばかりではなく「時間」(投資期間)もある訳で、売り方の多数派は徐々に席を外しつつあるイメージが湧きます。
従って75線をめぐる思惑が渦中にありますが総合的に・スローモーション・クラッシュではないかと。』

陳先生も褒めていらっしゃるCOUD9さんの深い洞察の、最後の箇所の意味がよく掴めず、もし宜しければ教えて頂けないでしょうか。売り方は逆スワップで時間が経てば経つ程利息の支払いが重くなるので、徐々に席を外すというイメージで良いのでしょうか。

よく言われるように騰げはゆっくりで、下げは一気にくるこの頃なので、下げの波がこないようであれば、一端手じまい、ドテンに転じるか(ほとんど転じないで決済のみ)、はたまたジッとその時を待つかということくり返しています。さりとてプロのディーラーの方たちはただ待つという訳にもいかないでしょうし、やはりこのような時はドテンに転じるのでしょうか。既存のシナリオ(他通貨に対する円高)を維持すると決めた場合は手じまわず、逆スワップを払いながら待つのでしょうか。

大きく動きやすい年末なので手じまうべきか、覚悟を決めるか迷い、こうなってくると博打のようで、もう少し根拠を持ってきちんとした投資の一環で進めたいのですが、なかなか難しいです。
2007.12.18 12:19 | URL | 初心者 #79D/WHSg [edit]
↑激しく同意。平均化されるからこそ「大数の法則」が成り立つかもしれませんが、そこに仕掛けてくる強力な組織は有り得ますよね。

イーストヒル申し込みました。活用させていただきます!
2007.12.18 09:54 | URL | あの~ #79D/WHSg [edit]
今はネットやブログなどで初心者でも比較的楽にシグナルや考え方を手に入れられる様子を見ていると、1つの懸念が湧いて来ます。それは、思考の平均化である。
言い替えれば、即ち「餌」がスレてくるという事です。
従って、相場自身が相場を成り立たせる為に自律的必然的にイレギュラーを発生させたり、騙しの多い非常にトリッキーな相場に派生したりする時代に既に突入している予感さえこの頃感じさせられますね。
2007.12.18 03:36 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
皆さん、今晩は。

相変わらず夜遅くまで相場を見ていますか。

CLOUD9さん、流石ですね。このようなコメントをなされるだけに、やはり「相場で苦労した」経験がないと悟れないものですね。読み返しました。

こくまろさんのご意見は面白い。もっとも、私はテクニカル万能論者ではないが、テクニカル以外、相場を探るツールは実に少なく、結局これしかないということになります。例えの話にすれば、ファンダメンタルズ論は「風を吹けば桶屋が儲かる」の世界で、株式の長期分析に有効だとしても、為替市場など「ゼロサムゲーム」マーケットでは通じません。実は、推薦していた「ジャック・ジュワッガーのテクニカル分析」の冒頭でもこのような論争を詳しく記載していたので、皆さんはぜひお読みしてください。ちなみに、サイクル論は単に過去の軌道ではなく、「宿命的」な内部構造の表れだと思います。

このような論争及び反対意見にも歓迎しますので、こくまろさんは「対不起」を言うことがないです。今後もよろしくお願いします。

mayumiさん、まなっちさん、ありがとうございます。ただ、まなっちさんは褒め過ぎですね。では、明日もよい一日であるように。
2007.12.17 23:45 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
 陳さんありがとうございます! いつも、いつも。。。初心者はあ、上がる~ぅ! 早く乗らなくっちゃでその後撃沈するケースがほとんどです。その点陳さんが「あ、間違いかもね」とか、本格的上昇に移るにはまだ調整がいりますよとか、本当に、本当に、冷静な判断と相場力に助けられています。

 自分の間違いをすばやく認めるのは君子は豹変すの教えどおりですね!そして、初心者が失敗しないようにどこで入ったらいいのか、丁寧に丁寧に教えてくださる。一文の得にもならないのに、私たちのことを本気で助けようとしてくださっているんですね。ありがとう、陳さん。大好きです! あ、私は夫が要るので心配しないでくださいね!

 
2007.12.17 19:06 | URL | まなっち #79D/WHSg [edit]
初次見面
唐突な無礼をお許し下さい。
一通りブログ読ませてもらいました。
アナリストがテクニカル分析で講釈を垂れる時代になりました(陳さんに限らず)。そして読者にテクニカル分析を薦めています。素人さんでもネットでテクニカル分析を披露する始末。ローカルなこの日本で・・・・
昔はテクニカルは当たったものです。(ファンダ分析のアナリストが当たらないなんてのはもっと昔の話で今更持ち出し揶揄するのは時代錯誤で滑稽です。)今は誰でもチャート分析ができる環境下にいて、みんな同じ思考です。大衆と同じことして当たりますか?儲かりますか?
価格はほとんどランダムに動きます。だからテクニカル分析が当たらないのは当然です。僕もメリマンサイクルは好きですが、、、チャートは過去の軌跡に過ぎないとみんなが言い始めるのもそう遠くはないのかなあと思ってしまいます。 
でも価格がランダムに動かないときもあります。 
センチメント指標や人の行く裏に道あり花の山とおっしゃてた陳さん。勝手ながら僕はその部分と陳さんの経験に期待したいです。
対不起
2007.12.17 18:56 | URL | こくまろ #79D/WHSg [edit]
早速、おすすめの本を教えていただきまして、ありがとうございます。
すぐに、手に入れて読み進めたいと思います。
私も、陳さんのセミナーに参加したいのですが、子育て中で、遠方のセミナーには、参加できず、本当に残念です!
ぜひwebセミナーをご検討ください!
これからも、ブログ楽しみしております。
がんばってください!
2007.12.17 18:55 | URL | mayumi #79D/WHSg [edit]
陳様、いつもお世話になっております。
また、コメント頂きありがとうございます。
私ならともかく、陳様が相場に翻弄されていたなんて姿は想像し難いです。(笑)
始めに買った2冊の超初心者向けの本は、相場で体を張っていく内に、「間違ってはいないものの、正しくない」事に気付かされて行きました。(汗)
そうですね、私も自らの考えを以って失敗しないものは財産を得られないと思いました。
優れた教科書で頭でっかちになる事も良いのですが、
何より子供の頃に自転車を乗れるようになる過程でもそうであったように、何度も転ぶ経験は後になかなか転ばない自転車の乗り方を与えてくれた様におもいます。(笑)
本当は、ここで私見を書きたかったのですが、長文になりましたので手短に・・
前回リバウンドに於きましては例のショートスクイーズが十分に手助けをしていたとの考えは誤解でしょうか。
さておき、今の相場は売り方にとって利益方向に傾きつつも、振り落とされているのはむしろ売り方そのものなのかも知れません。
売り方が買い戻しに走る要因としては何も損切りばかりではなく「時間」(投資期間)もある訳で、売り方の多数派は徐々に席を外しつつあるイメージが湧きます。
従って75線をめぐる思惑が渦中にありますが総合的に・スローモーション・クラッシュではないかと。
前回の反騰はその、十分な布石となったようにおもいます。(結局長くなりました。)
2007.12.17 18:22 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
先ほど、先週金曜日のRSIのレベル数字が書き間違ったことに気付き、修正しました。すでにお読みになった方にお詫び申し上げます。
2007.12.17 17:17 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/61-67bd12e6

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。