ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳満咲杜の「FXトレンドの真実」第98回&ポンド/ドル続伸の蓋然性

Posted by 陳満咲杜 on 30.2013 市況分析 0 comments 0 trackback


Video streaming by Ustream

先の番組をアップ。明日消費税アップの有無を含め、日米両サイドから大きな材料を出るが、基本は円買いに限界ありではないかと思う。

ところで、最近ポンド/ドルの急伸ぶりは目立つ。オーバーボートと思われる節も多いが、やはり逆張りではなく、順張りで臨むべきだ。9月25日のレポートを下記に開示。

2013年9月25日 19:18配信
本日のチャート ポンド/ドル 足元の位置付けから見るトレンドの継続性
ttt_20131001001257bf2.png
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

ウィークリーレポートでの指摘通り、ポンド/ドル、7月安値1.4813を起点とした切り返し、大型ジグザグ型変動と見做した場合、8月27日安値1.5427から最終波のC波(紫の序列)を展開した公算。

推進波としてのC波、5波構造と見做し、足許では第3子波(緑)のトップ、なお完成されていない見通し。この場合、明らかに第3波の延長が見られ、上のチャートで記したカウントのように、第3波の延長、同波自体の5波構造(藍)や子波III波の延長にのよって表れる。III波自体も5波構造として鮮明に数え、そのうち、第3波(緑)の「孫波」に当たるiii波の延長もしっかり確認できる。

こういったカウントの視点、18日高値の1.6163、子波III波のトップとして数えるのが自然、同高値からジグザグ変動をもって子波IVのボトムを付けた見通し。この場合、昨日安値1.5955は調整子波IVの底値に当たり、本日安値更新なしでは、同波が示している下落ウェッジといったフォーメーションの上放れをもってV波トップ、即ち第3波(緑)を完成しよう。1.6163を超えれば、1.6200/20の打診を射程圏に。

もっとも、前記7月安値を起点とした大型ジグザグ変動パターン、最大1.6330前後の上値余地を拓ける(ウィークリーをご参照)から、第3波(緑)の延長、序列上のウェーブに関するカウントに合致、再度高値更新した後、調整4波(緑の序列)を展開する見込みだが、最数波の第5波(緑)をもってC波(紫の序列)を完成する見通しに鑑み、ブルトレンド、しばらく続く公算。トップアウトに関する判断、慎重に測りたい。


為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをご参照。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/604-0fd5e828

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。