ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳満咲杜の「FXトレンドの真実」第96回&ドル/円反落の蓋然性

Posted by 陳満咲杜 on 12.2013 市況分析 0 comments 0 trackback


Video streaming by Ustream

先ほどの番組、相場激動の時期なので、よいタイミングの放送になったと思う。ドル/円に関して、一番想定通りな反応を見せているから、昨日配信のレポートを開示しておく。

2013年9月11日 19:09配信

本日のチャート ドル/円  5波構造からジグザグ型への進行
ttt_20130912170516de3.png
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

昨日ドル/円の高値更新をもってC波(緑)の延長を示した。8月27日安値96.82から5日高値100.22までの上昇、C波を構成する最初波(a)として数え直し、A波(緑)と同様、C波も3波構造(ジグザグ)をもって構築される見通し。

もっとも、8月安値95.81を起点とした上昇波、大型トライアングル型変動におけるD波(紫)として数えられ、B波(6月安値~7月高値)の0.618程度の計算では本日ザラ場高値の100.60に近い。この場合、C波の早期終了を意識し、上のチャートに記している抵抗ラインの役割を重視。

足許に位置する子波c(藍)、上昇ウェッジ型といったフォーメーションを示し、反落しやすい構造を露呈。100関門割れがあれば、下放れを示し、99.50割れをもって反落を加速しよう。本日高値更新なしでは引き続き反落の可能性に注意。


注意事項:開示したレポート、あくまで執筆時点の予想となり、現時点やこれからの市況を指示するものではない。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあり得る。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いしたい。


ランキングに参加しています
番組がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/597-16828991

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。