ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナリオとストラテジーの整合

Posted by 陳満咲杜 on 07.2013 FX教室 0 comments 0 trackback
もっとも優れたトレーディングアイディア、例外なくシナリオとストラテジーの整合性からその優位性を創出されるものだと思う。難しいような話だが、簡単に説明すると、先に何等かのロジックや手法をもってマーケットをアナリシスし、その結果に基づきストラテジーを組めばよい。肝心なのは、シナリオを得るためのロジックや手法自体、合理性と優位性をもつものでなければならないし、ストラテジーの根拠、シナリオの優位性を証左するものでなければいけない。

最近の実例を挙げると、金曜日(9月6日)決済したユーロ/円は好例となろう。まず、シナリオの構築に関して、9月3日の「本日のチャート」をもって説明したい。

2013年9月3日 18:40配信

本日のチャート  ユーロ/円 切り返しの構造で見る上値限界
ttt.png
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)
ユーロ/円は130.70のブレイクをもって調整波(切り返し)の延長を示唆、足許の位置付けから調整波の構造を見極め、目先の上値限界を探ってみたい。

もっとも、8月30日レポートの指摘通り、23日高値132.42を起点とした反落波、推進波として5波構造を有し、30日安値129.30をもって第1波(紫)のボトムを完成、足許まで切り返しの第2波(紫)に位置。

この場合、本日ザラ場高値131.48までの切り返し、5波構造を示し、調整波の特徴として異例。従って、131.48までの打診、調整波の最初波として見るのが自然、ジグザグ変動パターンと見做す場合、これから129.50~131.50といった広いレンジに往復し、同ジグザグ変動(a-b-c,緑)をもって調整2波(紫)を完成する公算が高い。

更に、振れ幅の拡大も想定、131.75/132.00の打診もあり得るが、総じて抵抗ゾーンとして意識され、調整波の限界を果たす見通し。この意味ではメインストラテジー、なお戻り売りに傾け、ジグザグ型の完成を待って再度仕掛けるのは得策であろう。上値限界を見極めてからストラテジーを再構築したい。


こういったウェーブカウント(ロジック、手法)をもってユーロ/円の切り返しに限界ありと判断、131.75/132.00の打診はせいぜいと見ていたから、後はじっと相場を観察し、同高値ゾーン打診の有無やシグナル点灯の有無を確認してからストラテジーを構築し、また実行すればよい。実際のストラテジーと配信時刻は以下の通り:

tt1_20130908004551d69.png
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)

ストラテジー自体、配信時点逆張りでハイリスクだったと言えるが、前記シナリオと合致し、RSIの弱気ダイバージェンスの構築やシグナルの点灯をもって、逆張りを試す価値ありと判断した。実際、GMMAチャートでは、配信時点においてなお売りシグナルを点灯しておらず、どちらというと、やや性急な配信となったが、シナリオの優位性にRSIのシグナルをもって証左していたから、配信を促された。もっとも、安全係数の高いエントリー、時間足におけるキャシャロットシグナルの確認や131関門割れ後(共に翌日6日早朝にて発生)のタイミングを狙うべきであろう、米雇用統計に控えてなければ、追加売りをお勧めしていたと思う。

注:開示した情報、あくまで執筆時点の予想で、現時点やこれからの市況を指示するものではない。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあり得るので、ブログのみご参考の場合、十分なご注意を喚起したい。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/595-8d7723f5

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。