ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円 目先高値追うべきではない?

Posted by 陳満咲杜 on 06.2013 市況分析 0 comments 0 trackback
本コラム、主に「ブルベアFX通信」のレポートを公開する形で市況の検証やFX取引のお勉強を図っているが、会員向けのレポートであるだけに、最新のものではなく、どちらというと市況に遅れた形で公表してきた。が、偶にはサービスしたいし、またリアルな分析をもってロジックの検証を行いたいから、昨日配信の最新レポートを開示することに。内容は以下の通り

013年9月5日 17:44配信

本日チャート  ドル/円  目先のターゲットと限界
tt1_20130906135820f79.png
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

ドル/円は100関門乗せをもって更なる上値ターゲットを示唆している。一方、下記の理由や計算から、目先の上値余地、限定的となり、ターゲット達成後のトップアウト、なお警戒する必要がある。

もっとも、5月高値から引かれる大型トライアングル型保ち合い、なお継続中、8月8日安値95.81を起点とした切り返し、同保ち合いにおけるD波(紫)と見做され、B波(6月安値93.79~7月高値101.49)の0.618%計算では100.55前後の上値ターゲットを示唆。

また、D波(紫)自体のジグザグ変動パターン(A-B-C、緑)に鑑み、子波C(緑)=子波A(緑)なら、100.15前後のターゲットを示し、目先の高値と合致。更に、子波C(緑)自体の5波構造、子波3の延長といった特徴は鮮明、99.32から数える子波5の値幅、子波1と同幅になりやすいといったルールから、100.40前後のターゲットを得られる。

いずれにせよ、目先のターゲット、100円台前半に集中、D波(紫)の完成と共に、一旦トップアウトの公算がなお大きいので、目先高値追いを避けたい。


注:開示した情報、あくまで執筆時点の予想で、現時点やこれからの市況を指示するものではない。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあり得るので、ブログのみご参考の場合、十分ご注意を。本日、米雇用統計のリリースがあり、市場の波乱で予測が大きく外れるといったリスクを軽視できない。その上、ブルベアFX通信は現時点ドル/円のストラテジーを出してないし、本日出す予定もないことを表明しておきたい。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/594-240da671

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。