ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逆三尊」を見極める

Posted by 陳満咲杜 on 05.2013 取引手法 0 comments 0 trackback
本ブログ8月15日の記事をもって指摘していたように、豪ドル/ドルはオーバーシュートだった。また、ザイFXコラムやツイッターにて言及していたが、同通貨ペアのリバウンド、8月5日安値0.8848から測られ、なお継続中である。このため、8月19日高値0.9233を起点とした下落、勢いがあったものの、リバウンドにおける調整波と見做し、5日安値を更新しない限り、寧ろ「逆三尊」といったフォーメーションを形成していく可能性が大きいと見る。

実際、こういった可能性、日足におけるRSIの強気ダイバージェンスの構築と継続を観察すれば、非常わかりやすかったと思う。
tt_20130905212609bf1.png
豪ドル/ドル 日足(クリックで拡大)

当然、同フォーメーションの可能性を見通して、「ブルベアFX通信」は豪ドル/ドルのロングポジションを試した、時間足における配信タイミングと内容は以下の通り:
tt_201309052144045f6.png
豪ドル/ドル 時間足(クリックで拡大)

前記日足におけるRSIの指示を基づき、時間足におけるGMMAチャートとRSIが合致したシグナルの点灯がエントリーの根拠となり、またタイミングを示唆してくれた。本日の成り行き決済、一直線に前記「逆三尊」のネックラインを超えないことを意識した上の判断で、同ラインのブレイクがあれば、また追撃したい。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/592-7e2db4a5

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。