ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計算通りの相場

Posted by 陳満咲杜 on 31.2013 FX教室
本コラムの24日記事では、ユーロ/ドルのアナリシスを開示していた。ユーロ/ドルは20日高値1.3452をブレイクせず、早期トップアウトの可能性も強化している。従って、同記事の注意事項で強調していたように、「トップアウトのサインををしっかり押さえることが何より重要であろう、計算通りの高値打診があるかどうかは二の次」であることを、ご理解いただけたと思う。

ところで、計算通りの相場、全くないということでもない。最近では、ポンド/ドルは好例となろう。以下は「ブルベアFX通信」の配信内容:

2013年8月16日 16:53配信

tt_20130831222239de5.png
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

ポンドは高値更新をもって再度上値余地を拓いている。目先の上値ターゲット、1.5712~1.5723前後に集中すると見られ、同高値の達成をもって切り返しの限界を果たす公算。

もっとも、7月安値1.4813を起点とした切り返し、調整波と位置付け、6月高値1.5752のブレイクなしでは同見方を堅持。従って、上値ターゲットの打診があれば、1.5762にかなり接近することになり、もっとも激しい切り返しを果たす見通しだ。

上のチャートで示しているように、7月安値1.4813を起点とした切り返し、大型ジグザグ変動パタ―ンと示し、2日安値1.5102を起点としたC波(紫)の値幅、A波(紫)と同じなら1.5723前後の上値ターゲットを得られる。

また、C波自体の5波構造に鑑み、14日安値1.5422から最終子波5を推し進め、第1子波と同じ値幅なら、1.5712前後の上値余地を拓く。両計算値から得られたターゲットの整合性に鑑み、昨日の大幅高に続く形で、本日も高値更新の可能性が大きいが、強気変動における最終変動として意識しておきたい。


実際、ポンド/ドルは22日高値1.5717をもってトップアウトし、ほぼ計算通りに反落してきた。「ブルベアFX通信」は翌日ポンドの成り行き売りを行い、28日計画通り利喰いした。チャート上の表示は以下の通り:

tt_20130901121710f4b.png
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

ターゲットについて、8月14日安値の1.5422を基準にし、日足における「鯨軍団」のサポートゾーンの厚みに鑑みた設定となる。先週の安値、ターゲットを達成してからすぐ跳ね返したので、利喰いの蓋然性を示唆していた。換言すれば、利喰いポイントも計算通りであった。
tt_201309011225404b3.png
ポンド/ドル 日足(クリックで拡大)

因みに、28日、下値ターゲットを達成した後、時間足では大陽線を形成、安値更新した後の急騰、PA理論では重要なシグナルを点灯していた。ターゲットの達成と相俟って目先の底打ちを強く示唆していたから、一旦利益確定に動くべきでしょう、例え指値を設定していなかった場合でも。

PA理論について、最近ひまわり証券さんのセミナーにて同テーマを取り上げた。オンデマンドもアップしているので、よかった下記のリンクにてご視聴を。
「誰も教えてくれなかったプライス・アクションの原理と応用」

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。