ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳満咲杜の「FXトレンドの真実」第91回&ユーロクロス相場

Posted by 陳満咲杜 on 13.2013 市況分析


Video streaming by Ustream

昨日の番組。いままでの主張を繰り返し、ユーロクロスの動向、より注意が必要と説いた。

そういえば、先週ユーロ/豪ドルのショートに試した。配信時刻を併記したチャートは以下の通り。
220.png
ユーロ/豪ドル 時間足(クリックで拡大)

取引の根拠、時間足におけるキャシャロットシグナルの形成を見越したものと言うまでもないが、日足におけるRSIの弱気ダイバージェンスの形成が決め手であった。ターゲットの設置に関して、もっとも単純の話で、日足におけるGMMAチャートの「鯨」軍団のサポートとRSIの50レベル前後における下げ一服の推測にあった。この辺、極めてポピューラーなロジックだから、よく効いていたわけだ。日足は以下の通り:
221.png
ユーロ/豪ドル 日足(クリックで拡大)

ちなみに、ユーロ/豪ドルの反落、豪ドル/ドルの堅調なしではあり得ないので、8日ユーロ/豪ドルの成り行きと同じ時刻にて、豪ドル/ドルの成り行き買いを行った、@0.9012だった。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。