ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳満咲杜の「FXトレンドの真実」第88回&最新レポート

Posted by 陳満咲杜 on 26.2013 市況分析


Video streaming by Ustream

今週月曜の放送分、現時点のチャートに照らしてみよう。
b001.png
ドル/円 日足(クリックで拡大)

GMMAにおける「鯨」のサポートゾーンを下回り、RSIも50ラインを切っているから、一段と下値余地を拓いていることが分かる。昨日「ブルベアFX通信」の「本日のチャート」もドル/円を取り上げていたので、チャートと原文は以下の通り。

2013年7月25日 17:10配信
「ドル/円  昨日高値の位置付けからみる切り返しの余地」

rei.png
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

昨日ドル/円は100.45の高値をトライした。ベアトレンド修正の有無や目先の上値余地に関する計算、共に昨日高値の位置付けに関わり、再点検することに。

従来のように、101.53を起点とした大型ジグザグ型変動パターンと想定した場合、19日高値100.86からセカンド推進波のC波(緑大文字の序列)を展開していると見られ、100.86のブレイクなしでは同見方を堅持できる。

従って、昨日の高値トライ、推進波としてのC波の内部構造によって解釈できる。つまり、23日安値99.14を起点した切り返し、C波序列下における調整子波iiと数えられ、同調整波の特徴、即ちジグザグ変動のの表れとして昨日の高値を形成していたと思われる。この場合、調整子波iiは、a-b-cといったジグザグ変動パターンによって完成し、c=aなら100.40というターゲットを示し、昨日高値100.45に近く、目標達成感を漂わせる。

よって、本日再度高値更新なしでは、子波iiを展開、強いベアトレンドを推進していく蓋然性が高い。99.36割れをもって下落モメンタムを推進、子波iの1.0618倍計算では、子波iii、97.65前後へ下値余地を拓くが、最短でも25日安値98.24の打診を見込まれる。新たなストラテジーは以下の通り。

成り行き売り(約99.95)、ストップ@100.86、ターゲット@98.00/25.


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。