ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料の軽重を問う

Posted by 陳満咲杜 on 24.2013 視点論点 0 comments 0 trackback
本日となってキプロス問題は一件決着した模様。先週明けと打て変わって本日マーケットの雰囲気も明るくなってきた、。ファンダメンタルズ上の材料、我々が多大な関心を持たずに居られない。

一方、所謂ファンダメンタルズ上の材料に集中し過ぎると、少なくとも以下の2点において困難が生じるだろう。まず、材料自体の軽重、往々にして事前では判断しにくいうえ、その判断もトレードの邪魔になってくるケースが多い。次に、材料の進展に注意を捉えがちで、自然に値動きを色メガネを掛けて見るようになり、トレードへの集中力が落ちる。

キプロスショックと言われる今回の騒動は好例であろう。先週月曜日からマドを空けてからスタートした相場に、ギリシャショックの再来と危惧する声が多かっただけに、振り回されがちだ。EUソブリン危機の一貫として捉えた場合、やはりだらだらと続くではないかと思うのも自然な成り行きで、ロイター通信の記事を読むと、より深刻な気分になったでしょう。

しかし、相場は相場に聞くべきで、材料自体の軽重、相場が一番知っているはずである。従って、難しい考えをいらず、値動きに集中すべきだ。そこから得られるサインに確信を持てば、相場次の一手についていける確率も高くなる。

3月15日ザイFX!コラムでは、ドルインデックスの頭打ちの可能性を提示していた。執筆当時、キプロス問題がまだ浮上しておらず、同材料の軽重、ドルインデックスが高値更新の有無によって図られる。言い換えれば、キプロス問題、相場にとって本当にショックであれば、ドルインデックスは更なる高値を更新していくだろう。当然のように、ユーロ/ドルは同時に売られていき、安値を更新しなければならない。

しかし、コラムで指摘していた通り、ドルインデックスにおける14日の高値83.16、当面レジスタンスとして意識しなければならないから、反落の公算が大きかった。キプロスショックがあっても同高値を更新できなかったから、マーケットは同材料に判断をしていたサインとして見逃せない。

同時にユーロ/ドルによる判断もしっかりであった。先週火曜日まで安値更新したものの、200日線前後に留まり、ユーロの底固さを示していた。ゆえに、22日ザイFX!コラムでは、キプロス問題の早期収束を予想していたわけだ。換言すれば、マーケットの判断を尊敬した結果、キプロス問題の早期決着を予見できたでわけだ。

実際、15日コラムにて提示したドルインデックスのチャートと現時点のチャートを見比べば、一目瞭然だ。
b03251.png
3月15日ザイコラムにて提示したドルインデックス (日足 クリックで拡大)

b03252.png
現時点のドルインデックス (日足 クリックで拡大)

ところで、22日コラムを書いていた時点、キプロス問題の早期解決なお見込めず、EU離脱の噂も囁ければたが、チャートのサインに専念すれば、見通しの判断や値動きのフォローにぶれることはなかろう。「ブルベアFX通信」当日午前中に出したレポートでは、ユーロ/ドルの短期スパンについて、以下のように記述していた。

◆ 短期スパン:1.2875~1.2965といったレンジ変動に留まり、地合いの好転を図る。1.2975/95はメインレジスタンス、上放れなしではなお安値圏での変動に強いられるが、上放れをもって1.3045/50前後の上昇余地を拓く。1.2870/75はサポートゾーン、下放れがあれば、最大1.2770前後の安値打診も覚悟だが、下落モメンタムの低下に鑑み、まず戻る余地を拓く見通し。

午後配信した添付チャートは以下の通り。
1363945671-1-eurusd.png
ユーロ/ドル 時間足(クリックで拡大)

現時点のユーロ/ドルは以下の通り。
eurusd002.png
ユーロ/ドル 時間足(クリックで拡大)

このように、材料の軽重を問うには、相場の値動きが随一の基準であり、ツールである。我々は材料自体を深読みするよりも、マーケット自体のサインをもっと専念すべきである。ちなみに、EUソブリン危機のようなマクロ的な材料、いくら深読みしても答えが出ないので、深読みしようとする努力自体、間違っていると言わざるを得ない。

semina480_20130324181040.png


4月6日(土)陳アソシエイツ主催スペシャルセミナー 残り席数わずか!(詳細はココをクリック)


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/563-cae3b0cd

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。