ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場は相場に聞け

Posted by 陳満咲杜 on 04.2007 視点論点 10 comments 0 trackback
毎回「東京外為売買比率統計」を読むのは楽しい。個人投資家の考えとその行動パターンを通じて相場の主流が鮮明に見えてくるからだ。

今日オフィスに着いたら、早速3日調べのデータを読んだが、案の定、小幅ながら円売りポジションが総じて減っていた。一方、英ポンド/円のロングポジションの減少が特に目立つことに興味を引かれた。11月26日の78.1ポイントと比べ、7.3ポイントも減少し、英ポンド買いは70.8ポイントとの数字を示している。具体的には買い建玉が12%減、売り建玉29%増だった。

23日の終わり値と比べ、30日(それぞれ調べ日の前日を取る)の終わり値が概ね2円以上も高いので、明らかに8月の急落の状況とは違う。なのに、個人投資家がロングポジションの決済を急いでいたのも明らかに別のところに理由がある。言い換えれば、値動きよりもファンダメンタルズに起因する「喚起材料」があったに違いない。

ありがたいのは、日経金融新聞の同記事には理由をきちんと書いている。即ち「英国利下げ観測からストレートのケーブルでショートにしやすい」と、外為どっとコム資金為替部の方のコメントが載せていた。(ちなみに、ケーブルはGBP/USDのことだが、なぜこの方がここで使うかは不明)

やはりそうだったか。ある意味では非常に納得できる。個人投資家らはまるで銀行のアナリストのように、金利動向を予測し、行動する。(いや、銀行のアナリストより偉い。アナリストらは予測のみである)だが、肝心なのは、為替はテクニカルなり(一)にも書いていたように、「ファンダメンタルズ自身よりも市場参加者の予測と思惑が大事であることが挙げられる。市場のレートは皆の予測と思惑で形成される以上、常にファンダメンタルズの内容より早く反映する」。この理論が正しければ、次の疑問も自然に湧いてくる、即ち、利下げ観測がすでに市場のコンセンサスである以上、誰が今の英ポンド相場を支えているかである。

言い換えれば、もし誰もが利下げを理由に英ポンドを売りたい、あるいはすでに売ったのであれば、相場がすでに大きく崩れているに違いない。が、目下の小康状況は明らかに違うことを言っている。「相場は相場に聞け」との精神を貫けば、利下げコンセンサスが共有されている中、英ポンドの底堅さが今後の上昇傾向を逆に示唆している、といった解釈もできよう。勿論、主に対ドルの話であるが、対円のレートでもすぐ崩れることはないと見ている。

おもしろいのは、本日の日経金融新聞には、英ファイナンシャル・タイムズ紙の社説「ポンドは脆弱、ドルつれ安」を載せており、あるブログにも「英国の銀行がまたかなり損失を出しているという噂」といち早く伝わっている。情報は結構だが、肝心なのは相場の反応だ。情報や噂だけに頼み、むやみに売買したら、「早耳の早倒れ」との相場格言のように、逆に損失を招くことに。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

TAKIさんのご質問ですが、成りゆき注文が多かったのは相場のトレンドが比較的にはっきりしているからであります。今後も多いとは限らないと思います。なぜなら、トレンドが曖昧になると、やはり指し値と逆指し値を多用することなります。
2007.12.06 13:16 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
皆さん、こんにちは。
  しばらく相場に集中したので、返事が遅れました。
  まず、metalisaさんのご質問ですが、昨日の市況は私にとって、「想定外」であり、「想定内」でもあります。というのは、為替マーケットの動きをすべて把握する、というのは所詮無理の話でありますから、相場が自分の思惑に反して動くことにはサプライズなしです。ただ、現時点では、中期見通しとして、自分のストラテジーを変更するつもりはありません。

  本日英央行会議があり、その前日における大幅安を演じたことに関しては、経験上、「利下げ思惑」ではなく「仕掛け」であります。もし、利下げ観測であれば、通常1週間前にすでに大幅安を演じ、前夜においては「静かに待つ」といったパターンが普通です。この意味では、先日の記事の論調自身が間違っていないと思います。

  私の調べでは、昨日中東筋から「仕掛け」的な売りオーダーが大量に出たので、2.0520以下のストップを狙ったようで、うまくいきました。もっとも、原因はともかく、相場は相場に聞くしかないから、目下英ポンドがすぐブルトレンドへの復帰が難しいと見ているが、トレンドが転換したとは考えていません。が、サイクル(周期)的には大きな影響が出ましたので、保ち合い相場とその時間帯を念頭に、ターゲットの設定を見直す必要が出ています。

 あの~さんのご質問ですが、基本的にはFX業界はこれから縮小していくと思います、この責任は官庁と業界自身の姿勢(特に大手)にあります。仰るM社の社長の著作がその代表であるが、「外貨を買って待つ」とのスタンスで顧客勧誘に走る業界の姿勢には私自身かなり違和感を感じています。このままでは、投資者らはいずれ徹退するだろう。損して初めてFX取引がバリバリの投機だと気付いた方が如何に多いかは事実を雄弁しています。日本の先物市場が世界初にもかかわらず、今のように凋落したのは前車の鑑であります。投資者教育と育成こそ大事で、FXの本質を教えることから始めるべきです。

日本人投資者の質を自ら向上しなければいけません。投機ということは素晴らしい、投機という行為が面白いと認識すべきです。後、自己責任との認識も大事ですね。物事の本質を自己責任で確認しなければ、これからも厳しい試練に晒されるだろう。

もっと根本的には、官庁の姿勢ではないかと思いますが、証券業みたいに強制的な信託保全体制を早期に作らなければならないのに、くりっく365だけ税金の面で優遇するのは明らかに不公平で時代遅れです。この意味では、RSさんが提起した問題は重要ですね。

ババロアさん、TAKIさん、上山完さん、いつものご支援及びご意見、誠にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。



2007.12.06 12:34 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
>TAKIさん、上山完さん

貴重なご意見有難うございます!
こちらのブログから直接レポートをご覧いただけるようにリンクしておきましたので、是非ご利用ください!
これからも当ブログの応援よろしくお願い致します。
2007.12.06 03:42 | URL | スタッフ #79D/WHSg [edit]
陳さんこんにちは。
前にユーロ・ポンドなどの件でご丁寧にアドバイス頂き、長期展望の参考にしてます。ありがとう御座いました。
その後もこちらに訪問するのが日課になっていましてとても楽しみにしています!体調不良もすぐに回復されたようなのでよかった!!
ポンドは売り持ちの参加者が増えていると恰好の標的になりかねませんね。明晩の動きは要注意。

質問ですが、私はチャート分析に 日足、8時間足、1時間足、を主に使い。
ポジションをとる際は、1時間足(たまに5分足併用) による判断で成行き注文、
または日足から天井(または底値)を探して指値注文をしています。
陳さんは成行き注文が多いと思いますがエントリーのタイミングはどのように判断されるのでしょうか?

それとイーストヒルさん(マーケット情報) について By陳さん のものと混同される方がいらっしゃるようで・・
実は私も最初の頃しばらく勘違いをしていまして情報がごっちゃになった事がありました。
このブログ "Book Mark" から直接リンクで行ける様にできると便利だな!と思いますが如何でしょうか。ひとつの意見ですが。。

2007.12.05 19:40 | URL | TAKI #79D/WHSg [edit]
ポンドドル下がってますね。残念。もしよければ
陣さまにとって何か想定外の事でもあったのでしょうか?陣様の予測がはずれるときとはどういうものなんでしょうか?
それとも今回のユーロの時みたいに少し時間がずれたということでしょうか?
 
2007.12.05 17:35 | URL | metalisa #79D/WHSg [edit]
いつもブログを拝見させていただいてます。
陳さんのコメントはとても有意義なことが多く、とても
気に入ってます。そしてこちらのみなさんの書き込みも
私にとって有益なことが多いので、とても勉強になります。
これからも陳さんのブログを愛読させていただきます。
どうかお体には気をつけてください。(インフルエンザが
はやっているようなので)
それでは失礼します。
2007.12.05 17:23 | URL | ババロア #79D/WHSg [edit]
FX業者の契約アナリストは「業界の後押し」為?に円安提唱をするセンセイが多いですね。
そんな中で陳様の見解は余計な雑音を排除し、実直に相場を見据えている点がとても好感をもっています。

さて、最近FX業者の破綻や不祥事などFX業界全体の方向性が試される時期になってきていると思いますが、信用リスクやFX業界の我が国における将来性などについて陳様のご意見をお伺いしたくコメントさせて頂ました。
ヘラクレス上場のFX業者某M社は業績好調との事で高配当が昨日報じられましたがFX会社も勝ち組負け組みがはっきり分かれてくるのでしょうかね?
お手すきの時で結構ですので宜しくお願いいたします。
※セミナー申し込みましたよ、楽しみにしています。寒くなってきましたのでご自愛下さいませ
2007.12.05 14:17 | URL | あの~ #79D/WHSg [edit]
日経金融新聞なるものがあることさえ知りませんでした(^^; HPもあるようですが、そこの情報量は多くないですね。個人投資家も、この新聞とっているのかな?
 ところで、FXでは、手数料を無視したとしても、得する人、損する人が、半々。収益があった年は税金を取られ、マイナスであった年は給与と差し引きして確定申告できず。
 とすると、個人で通年でFX收入をプラスに持っていくことは、かなり難しい?
 ある年に、1000万円収益を得て、翌年800万円の損益の場合、税引き後は赤字ですね。(くりっく365は別ですが)
 FX、税金面、ともに勉強せねば。
2007.12.05 12:38 | URL | RS #79D/WHSg [edit]
ファンダメンタルズを追いかけるのに疲れ果て、
最近チャート分析中心にシフトしました。

ある通貨を誰が支えているかを想像することにより、
ニュースとは違った方向性が見えてきそうです。

「馬の耳に念仏」も困りますが・・・
2007.12.05 12:36 | URL | 高田 #79D/WHSg [edit]
「早耳の早倒れ」耳の痛い言葉です。そうならないように、もっと相場に聞けるようになりたいです…。
2007.12.05 07:36 | URL | りょうこ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/53-b4a34eac

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。