ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日達成されたドル/円のターゲット

Posted by 陳満咲杜 on 23.2012 FX教室
ストラテジーに反映していなかったものの、先週金曜日の「ブルベアFX通信」では、「本日のチャート」(17:17配信)をもってドル/円の下値ターゲットを提示していた。本文は以下の通り。

usdjpy0720.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

6月25日高値80.63を起点とした下落変動、大型AーB-Cのジグザグ型をもって足許C波下落を続いていると思われる。この見方が正しければ、ドル/円の下値目処はC波の構造から測れるではないかと思う。

上のチャートが示すように、C波自体を5波下落構造と見なし、昨日安値をもって同3波下落を完成した疑い。本日4月調整を経て再度安値を切り込む展開になる可能性が大きい。

4波調整(切り返し)の目処に関して、B波トップ80.10を起点とした全下落変動に対する38.2%の79関門やC波が示す下落チャネルの上限との整合性に鑑み、78.90~79.07(3波序列下におけるiv波トップ)はもっともメインレジスタンスゾーンとなり得る。同レベルの突破なしでは下落変動を続き、第1波と同じ値幅なら、78関門のトライを射程圏。反面、前記レンジスタンスの突破があれば、C波構造を最点検に必要に迫られ、早期底打ちの可能性につながるが、目先下値リスクの警戒により傾ける。







ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。