ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯨と鰯で見る本日の波(6月27日)

Posted by 陳満咲杜 on 27.2012 市況分析
usdjpy_20120627171308.jpg
ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

eurjpy_20120627171330.jpg
ユーロ/円 4時間足(クリックで拡大)

gbpjpy
ポンド/円 4時間足(クリックで拡大)

audusd_20120627171420.jpg
豪ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

もっとも、「ブルペアFX通信」は常に短期、中期及び長期スパンにおけるシナリオとターゲットを提示してきたが、GMMAチャートはターゲット予測の昨日がないものの、トレンド進行の有無、そしてトレンドフォローする上には非常に重要な役割を果たす。ゆえに、下記6月1日発表したユーロ/円と英ポンド/円の中期スパン、達成されるまで修正しなかったのも、GMMAチャートで常にシナリオやトレンドの真贋をチェックできたところが大きいと思う。GMMAのチャートをよく観察し、トレンドフォローの真髄をご体験いただきたい。

◆ 中期スパン:97関門割れをもって95.20前後のサポートを確認してから切り返し、101.40/102.25の回復を目指す。(@6/1)

◆  中期スパン:119前後サポートをトライしてから3月高値を起点とした下落変動を終了させ、125.40/50の回復をもって地合いを好転させる。(@6/1)


注:本市況分析は単に情報の発信という目的で作成され、正確性、完全性を保証しません。また、【ブルベアFX通信】の記述と異なる場合もあります。正式のテクニカルアナリシスは【ブルベアFX通信】のみとします。


アマゾンキャンペーンのお知らせ




ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。