ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMMAチャートで現状確認

Posted by 陳満咲杜 on 21.2012 市況分析
ドル円
ドル/円 日足

ドル/円は先週の下げをもって調整波の延長を示唆している。GMMAチャートでは4月20日以降形成された「鰯喰い」シグナルに続き、16日高値は丁度収束していた「鯨」組に頭押さえられた形で上放れに失敗、翌日大陰線をもって「宵の明星」に近いパターンを示している。故に、17日高値を上回れない限り、ドル/円の下値リスクは消えないだろう。一方、気になるのは長期組がかなり収束しており、下落モメンタムが低下していることも読み取れるので、17日のような急激な値動きはなさそうだ。

eurusd_20120521184050.jpg
ユーロ/ドル 日足

ユーロ/ドルは先週の急落をもって「鯨」から「鰯」を一段と遊離させた。ベアトレンドといった位置付けに変化がないものの、先週末の大陽線は16日、17日の足型を包み、高値で引いていたから「リバーサル・ロー」としての意味合いを増す。5月2日以来、初めて5日EMAの上に引いたこともリバウンド継続の可能性を示唆しており、大陽線であるだけに、短期スパンでは、再度安値を切り込んでいくには何かパニック的な材料なしでは難しいか。離れすぎた「鰯」が「鯨」の元へ戻るか、「鯨」が「鰯」を追撃してくるので、スピード調整の蓋然性が大きいと見る。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


GMMA

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。