ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルにできなければ勝てない(2)

Posted by 陳満咲杜 on 14.2012 FX教室
ドル/円は83.50の高値を付けた。昨日の「ブルベアFX通信」は以下のようにストラテジーを提示していた。

◆ ストラテジー:81.90を下限に押し目買い、ストップは81.30以下、ターゲットは83.50前後。

昨日の安値(81.96)に鑑み、ストラテジーとしてうまく機能したものだが、押し目買いのチャンスを逃したとしても、昨日より鮮明なシグナルが発生しており、それに基づき、よいエントリータイミングがあったはずだ。

このシグナルやタイミングに関する説明は昨日配信(17:35)した「本日のチャート ドル/円 異なるスパンにおける共通点」をもって説明した、以下本文。

usdjpyb.jpg
ドル/円 5分足 (クリックで拡大)

ドル/円は我々の予想通り、強気変動を継続している。日銀会議で一時の下放れがあったものの、すぐ立ち直り、強気シグナルを点灯している。所謂「ダマシ」の発生を証左するシグナルであるだけに、上値ターゲットに関して、本日デイリーにて提示したものに一層確信を持てる。

usdjpya.jpg
ドル/円 日足 (クリックで拡大)

全く異なるスパンとなるが、ドル/円現在の強気変動は実は2月1日の「ダマシ」があって、またその後の強気シグナルの点灯があったこそ成り立つわけだ。共通しているだけに、目先強気を堅持。

このように、異なるスパンにおけるシグナルの検証といった極めてシンプルな手法でも、精確なトレードのチャンスを発見できることが多い。相場の初心者だからこそ、複雑系な手法よりも、こういったシンプルがやり方を身に付くべきだ。何しろ、シンプルな手法ほど実用性が高く、また瞬間的な判断を下せるからだ。

その第一歩として、やはり相場を観察することからでしょう。歴史は繰り返すと言われる故に、過去の相場を振り返って見ることが大事だ。

残念なことに、今では手書きでチャートを記録する方が滅多に見えなくなるが、本来は手書きのほうが一番勉強になる。当方が昔部下の新人に相場を教えていた際、最初の2週間専らチャートの手書きを仕事として課していた。彼等の多くは今でもあの時期が一番懐かしく、またあの時手書いたチャートがまだ鮮明に覚えていると口を揃える。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ありきたりの相場解説、後講釈を徹底的に排除し、実戦に役立つ指南書をお届けします!@ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。