ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず一服?

Posted by 陳満咲杜 on 13.2011 市況分析
7月1日の記事「ポンド/円、安値探る展開か」ではポンド/円のチャートを提示し、下値打診の可能性を記していたが、足許では予想通りの展開で、
想定よりやや早いスピードで125をトライした。

同じチャートとツールでもう一回点検することに。
713.jpg
ポンド/円 日足(クリックで拡大)

前と同じように、GMMAシステムとフィボナッチアークが画かれている。結論から申し上げると、フィボナッチアークが示すサポートゾーンに近づき、GMMAの短期組も収束の状況を示しているから、ポンド/円がベアトレンドを継続するものの、下落モメンタムの一服で保ち合いの局面になりやすいかと思われる。GMMAシステムに関する講演は今月の「くりっくフェア2011 SUMMER」にて行う予定である。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

>

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。