ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ危機、本当は関係ない?!

Posted by 陳満咲杜 on 22.2011 視点論点
ギリシャのデフォルト危機が進行中であるにもかかわれず、ドル安がなお続き、その裏返しとしてドル安の蓋然性が解釈されている。ドルインデックスは09年の安値を下回り、下のチャートで示しているように、05年、09年高値や08年、09年安値で形成された大型「トライアングル」を下放れしたこともあり、教科書通りなら、テクニカルの視点でもドルの下値リスクが一層燻る。
DXY6.jpg
ドルインデックス 週足(クリックで拡大)

一方、米量的緩和の実施時期に合わせる形でドル安の進行が鮮明であったことも同チャートから読み取れ、EUのソブリン問題が昨年から一貫して継続していることに鑑み、ギリシャ危機云々よりも米量的緩和策のほうがマーケットを左右さるメイン材料であることが分かる。従って、QE2の終焉で、果たしてドル安が続くかどうかは興味深いテーマとなる。

よりマクロ的な視点では、QE1にしても、QE2にしても、ドル安を推し進めてきたことは間違いないが、度重なる量的緩和にもかかわらず、ドルインデックスが2008年の安値を更新できずにいることは何なりも雄弁である。これは他ならぬ、巷が騒ぐほどの悪材料の試練を経ても底割れを回避できたことを意味するから、ドルは実に3年半の歳月をかけて「底値固め」してきたとも言えよう。いよいよ、長期スパンにおけるドルの真価が問われる時期が近づいている。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。