ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上方修正なし

Posted by 陳満咲杜 on 07.2010 CFD
昨日のラジオNIKKEIでは、以下のような視点を申し上げた。

1. 日経225は12月1日にて20日線にサポートされて、リバウンドの継続を確認し、先週金曜日で6月高値に接近、10252.6と記録した。それは11月8日にて本番組にて申し上げたターゲット(10200)を達成した形となった。

2. 一方、ターゲットの上方修正はせず、前回と同様、4月高値を起点とした全下落幅の61.8%反騰位置の10375.3近辺前後にて一旦手仕舞いしたいといったシナリオを堅持。
3. 特に今週末では、10月メジャーSQを控え、裁定残高が2兆円もあると聞き、裁定解消に伴う現物売りが予想されるので、場合によっては先週金曜日の高値を更新できずに反落する可能性も。

4. 欧米株高と円高圧力に挟まれるといった見方もあるが、円高に関しては、短期スパンに限り、懸念材料として存在感が薄いと思う。個人的にはドル/円は底堅く推移してくると見る。

5. 懸念材料があれば、中国のインフレ高騰と利上げの可能性に注意。一時にせよ、中国の利上げは日経225にはマイナスである。

毎週月曜16:45~好評放送中!



PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。