ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリオット変動論に照らす

Posted by 陳満咲杜 on 20.2010 CFD 1 comments 0 trackback
 blog_import_4cd27efa3462b.jpg
クリックで画像拡大

昨年3月からダウ指数の反騰が続いている。

いつものように、株高の進行につれ、景気回復の見通しや高値ターゲットの提示が随分見られるようになった。昨年秋まで、二番底のリスクと株の戻り限界を指摘する声が主流だったのとは対照的だ。
もっとも、1月安値から、ダウ指数の上昇スピードは速かった。この故に、エリオット変動論に照らし、寧ろ上値の限界を露呈していると見る。なぜなら、上のチャートが示しているように、昨年3月安値からの上昇波動はきれいな5波構造を持ち、
目下その第5波変動にあることが読み取れる。

そして、エリオット変動論の骨子といえば、以下の3原則によって成り立っている。
1、第2調整波は第1波の起点を下回れない。
2、第4調整波のボトムは第1波の領域に入らない。
3、第3波は値幅として最短のものではない。

3原則がすべて当てはまる以上、目下第5波の特徴も露呈している。即ち、往々にして力強く、スピード感のある急伸である。だから、気をつけなければならない。

▶ Comment

先生いつも楽しみにしております。
私も、エリオット注目しています。
現在、最終5波の3波の最終局面ではないかと思っています。
しかしNYしつこいですね~
お国柄でしょうか(笑)
2010.04.23 23:34 | URL | まろん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/391-8cdbca5c

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。