ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円相場の示唆(五)

Posted by 陳満咲杜 on 08.2007 市況分析 5 comments 0 trackback
ドル円相場の示唆(5).png 
クリックで拡大

10月30日「日経金融新聞」のコラム「相場を読む」には東京三菱UFJ銀行のチーフアナリストさんのコメントが掲載され、「年内円高小休止、113~118円で推移」との相場感とレンジを示していた。

銀行系のアナリストの殆どがファンダメンタルズから相場を語り、ある意味ではレンジ相場には強い。ただ、相場の水準をファンダメンタルズで決めるものではなく、トレンドの進行が速い、或いは変動率が高まる際、往々にして、相場の進行がアナリストらの予測範囲から大幅に掛け離れる、というケースがしばしばあった。昨日のドルの全面安と外貨の変動率はこの好例となろう。私は少なくとも7年間に渡って銀行系のレポートを読んで来たので、このような感想を持つことになったが、決して銀行系アナリストの能力を軽視しているわけではない。この辺は誤解しないように予め断っておきたい。

さて、「相場は相場に聞け」との原則に沿って、最近のドル/円チャートからヒントを得たい。上のチャートはドル/円の日足図、図示のAラインは8月23日高値と9月18日高値を連結し、Bラインは8月17日安値と9月10日安値連結したもの。A、Bラインが「トライアングル」とのフォーメーションを形成した。

注目していただきたいのは、10月3日にて、トライアングルの上放れが確認され、本来の目標計算値である120.30か121.35(トライアングルの最大値幅をブレイクのレベルに加えた計算値)前後まで上昇するはずだった。

ところが、ドルの上昇が117.94で頭打ち、逆にA、Bラインを順次割り込んで来た。即ち、前記「トライアングル」の目標値を達成しないばかりか、トライアングルの下まで落ちてきたので、テクニカル・アナリシス的な言い方をすれば、10月3日の上放れが「ダマシ」であった。

テクニカル・アナリシスの原則としては、「ダマシ」ほど「正確なシグナル」となれるものはないと見なす。何故なら、世の中の現象と同じく、「達成すべきものが達成されていなければ、その反対の方向になる確率が逆に高くなる」と考えられたのである。よって、10月19日にて、今後ドルがベアトレンドへ復帰するといった確信が得られた。その後、ドルの小反発も見られたが、すっと下落傾向にある21日線に頭抑えられ、ショートの好機とも解釈できよう。

さて、下値ターゲットとしては、順次111.36、109.00と108.35との目標値が概ね計算される。今月下旬までドルの「底入れ」がなかなか難しいと見ているから、銀行系アナリストの「レンジ感」が否定される可能性も浮上しよう。因みに、「年内108円台」とは、私の一貫した見方で、10月5日の記事にも言及している。相場は結局行くべきところに行き、ファンダメンタルズのみでその行方を掴みきれないのは自明の理だ。

昨日のボラティリティーの拡大を以って、ドル安小休止の可能性を再浮上させた。が、対円以外の話だ。よって、クロス円相場も含み円高となり、円を除きドルの保ち合い相場が見られるのでは。ユーロとの関係にも鑑み、豪ドルとカナダドルの過熱感は否めない。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

ご丁寧なコメント有難うございました。私の乏しい知識ではなかなか為替の世界は理解するのが難しく、何度も先生のレポートを読み込んでは勉強に励んでおります。これからもよろしくお願いします。また私のハンドルネーム、take 同様のお名前の方が居られるのを存じませんでした。今後kitaと変更いたします。
申し訳ありませんでした。
2007.11.09 19:10 | URL | take #79D/WHSg [edit]
Treeさん:
 こんにちは。ご要望、わかりました。都合を計り、今度「ダマシ」について解説します。
2007.11.09 16:11 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
>テクニカル・アナリシスの原則としては、「ダマシ」ほど「正確なシグナル」となれるものはないと見なす。何故なら、世の中の現象と同じく、「達成すべきものが達成されていなければ、その反対の方向になる確率が逆に高くなる」と考えられたのである。

の部分についてですが、
ダマシという言葉はときどき聞きますが、なんとなく間違った現象のような意味に捉えていました。
実際はダマシとは意味あるものだったのかとちょっとしたアハ体験でした。

この機会にダマシについてじっくり解説いただけないでしょうか。

よろしくお願いします。
2007.11.09 12:02 | URL | Tree #79D/WHSg [edit]
take さん:
  おはようございます。いつもありがとうございます。今回のレポートの最後の部分ですが、私の書き方のせいで、分かりにくい部分があると思われます、どうもすみません。
 要するに、相場のボラティリティーの拡大が往々にしてトレンドの最高潮に見られる現象で、円を除き、対主要通貨のドル安がそろそろスピードを緩めるではないかと思っています。逆に、ドル/円の下落は過熱感もなく、主要通貨対ドルの上昇が一服すれば、クロス円相場における外貨下げ/円上昇がドル/円の下落と相俟って、総じて円高トレンドに発展するといった考え方です。最後に、主要通貨対ドルの相場では、豪ドル、カナダドルが対ドルだけではなく、対ユーロもかなり買われていたので、もし調整があれば、ユーロ、英ポンドなど通貨よりも調整の余地があると見ています。あくまでシナリオですので、ご参考まで。
2007.11.09 10:22 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
すみません。陳さんの今日のレポートの最後の3行が理解できないのですが・・・
2007.11.08 19:25 | URL | take #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/39-19e1a7e9

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。