ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見事!

Posted by 陳満咲杜 on 07.2007 市況分析 9 comments 0 trackback
11月5日調べの東京外為売買比率統計(QGI統計)が昨日の日経金融新聞に掲載された。
具体的な数字は以下の通り:

             買い           売り

米ドル/円       82.0(82.7)       18.0(17.3)
ユーロ/米ドル     17.6(19.0)       82.4(81.0)
ユーロ/円       67.8(72.2)       32.2(27.8)
ポンド/円       61.4(74.1)       38.6(25.9)
豪ドル/円       73.9(72.7)       26.1(27.3)
NZドル/円      76.4(75.3)       23.6(24.7) 

                 *( )内は10月29日の統計

このデータを見た途端、私は31日に書いたドル安小休止の可能性のタイミングが早過ぎた、
と気付いた。
というのは、 「東京外為売買比率統計」を読む 及びセンチメント指数から市況を読むにて繰り
返し指摘していた原則に照らし、寧ろ自明の理だ。

実際、相場も例の原則の正しさを証明している。日本の個人投資者の偏ったポジション(売り、
買いのどちらが80%超え)がドル/円とユーロ/ドルに集中しているが、現時点ユーロ/ドル、
ドル/円がそれぞれ1.4666と113.84を打診しており、「多数派の間違い」を見事に語ってくれた。

為替相場で成功するコツは実に簡単だ。まずお隣さんと違うことをやる。お隣さんがトレンドに
逆行しているのであれば、尚更だ。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



▶ Comment

ryouji さん:
  こんにちは。返事遅れて申し訳ありません。
  嬉しいごメッセージをいただき、こちらこそ有り難いです。皆さんの取引に御役に立つであれば、これ以上光栄なことはなりません。ありがとうございます。
2007.11.12 12:52 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
陳先生、本当にありがとうございました。
円高を信じ、ショートの積み上げで今決済いたしました。8月の損失230万を取り返しました。
7月から始めたFXでいきなりコテンパンにされてから今日まで、いつか取り返してやろうと今日の日を待っていました。陳先生のポジションを信じた取引でした。これからも鋭いコメントを待っています。
2007.11.09 21:01 | URL | ryouji #79D/WHSg [edit]
konomi さん、take さん:
  コメントを読ませていただきまして、私も勉強にある部分が多いと思い、誠にありがとうございます。
  基本的には、中国の共産党政権が政治的プロセスこそ異質であるが、経済運営と外交などにおいて戦略的かつしたたかであります。外貨準備高を以って将来対米外交カードを使うという思惑を否定できないが、現時点単に管理為替相場の結果と見てもいいでしょう。ドル安が進めば、中国は座視できないのも当然であります。中東、豪、加など地域と国も同じの思惑を共有しているはずです。だから、大きな流れとして、ドル安はこれからも続きます。特に、米国国益に適うトレンドである点を見逃しません。
  外貨運用の点でも、中国は国策投資ファンドの設定に乗り出し、日本より一歩進んでいます。貯蓄から投資へ、と提唱している日本政府自身が運用下手であることは皮肉ですね。政治家と官僚らの責任が大きいです。
  少数派の話ですが、「少数派のために少数派にいる」ではなく、主体性を発揮し、自ら考える力を身につけ、周囲に流されず行動に移せるといった素質が素晴らしいと思います。
2007.11.09 12:08 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
陳先生、皆々様
こんにちは。初心者のtakeであります。
個人投資家を喰い物にしている業界であることを信じたくはありませんが、結果から証明されているということでしょうか・・・
お隣さんと違うことをやる、とても深い内容であります。賢い少数派になることはFX取引中だけではなく生活でセンスを養うことも必要でしょうね。

さて、ドルが基軸通貨の座から引きずりおろされる日も、ということについては、別の視点も必要かと思います。世界は経済のみにて形成されるわけではなく、その様々な要因で形成された世界から中心通貨が決まってくるという観点です。神の手もドルを必要としているかもしれません。陳先生のおっしゃるように簡単に崩れはしないでしょう。世界は急変と混乱を望みません。FXをやるのに必要のない観点かもしれませんが、基軸通貨としての価値が移っていきそうだと思ってドルを軽視するような感覚を持てば失敗の元かと思っています。またアメリカの性質も見るべきかと。こういう状況だからこそ、今後しばらくドルへの余計な感情を持たない方がいいかもしれませんね。もちろんドルが非常に弱くなっている最中ではありますが、あくまで相場は相場に聞こう、冷静に、ということになりますか。感情に流されて”お隣さん”にならないように!そんなことを考えますがいかがでしょうか?
2007.11.09 00:09 | URL | take #79D/WHSg [edit]
こんにちは。

中国の外貨準備金が1兆ドルを超えたと聞きました。
これは、シンガポールの8倍。世界中のファンドを併せた金額より大きいそうですね。
中国はワイルドカードを手元にしっかりと、ですね。


シンガポールは政府投資会社で、不動産、コモディティ等着実な運用をしているようですね。身近なのものでは福岡ドーム、汐留、etc・・

理解に苦しむのは、8000億ドルの外貨準備を持つ日本は、預金と米国債だけで運用、運用利益が出れば出るほど、国の借金が増える構造になっているような?
財務省は、危機感を感じないのでしょうか・・

改革路線の提唱は結構だけど、根本の部分はザルから水のような気がするのは私だけでしょうか。

すみません、
為替の話とは逸れてしまいましたが、中国株が低迷しているタイミングのこぼれ話ということで、お目こぼしのほど
2007.11.08 17:30 | URL | konomi #79D/WHSg [edit]
DDさん、弓吉さん、米人さん:
  コメント、ありがとうございます。
  投資者の心理及び行動パターンに関する研究が近年かなり進んでいました。が、残念なことに、機関投資家らは寧ろ研究成果を以って個人投資家の啓蒙ではなく、個人投資者を喰うものにしています。毎月分配型投信と「スワップ派のFX」はその典型です。
  目先の利益に拘り、日々の「安心感」を得られるかもしれないが、その代償の大きさにいずれ気付くだろう。よく「日本人が寒いからコートを着るではなく、皆が着ているから着る」との冗談も群衆心理の強さを表すものです。このような心理をうまく利用しているのが業者側です。
  中国の話ですが、10月9日の記事にも述べたように、私は中国株を売りました。「バブル」なのに、日本の個人投資者らの資金流入が過熱しています。実際、最近上海株が急落しました。ただ、「ドル覇権の崩壊は中国から」とは思っていません。まず、今後15年、ドルの基軸通貨地位は簡単に失われません。その上、中国は自ら首を絞められないと考えています。(中国のドル資産は世界最大)
2007.11.08 17:05 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
陳先生こんにちは。
この東京外為売買比率統計を読み始めてからつくづく
日本の個人投資家が哀れに思うようになって仕方がありません。どこで一体間違ってしまったんでしょうか。相場の流れを全く度外視した、あくまでもスワップが目的です、と言わんばかりのデータに開いた口がしまりません。しかしながら、日本人の国民性を如実に表しているというふうに捉えることもできるのかもしれないですね。大多数に身を置いていることで得られる、根拠のない満足感及び安心感とでもいえるでしょうか。
2007.11.08 12:07 | URL | 米人 #79D/WHSg [edit]
陳様、こんにちは。
豪ドル・米ドル一旦利確致しました。
有難うございました。
陳様の仰る豪103円を割れましたら
再度トライしてみようかと思います。
このような終焉の予兆を
静かな眼差しで眺めていた昨夜です。

それにしても・・
8割以上がドル買い円売りしていたというデータ
少し驚きました。
皆さんスワップ狙いなのでしょうか。
2007.11.08 09:14 | URL | 弓吉 #79D/WHSg [edit]
陳氏のセミナーを毎回受講させて頂いております。
当初より、ドルは弱い、ドル買いは薦めない、との御話を一貫して話されていましたが・・・ついにこの日が来たという感じです。
わずか一日でユーロ/ドルが1.46と1.47を突破。
ポンド/ドルは軽々と2.1000を突破。
ドル/スイスフランについて、陳氏は以前より1.1500を
割ると話されていましたが・・今日の数値はなんと1.1250付近まで落ちています。

土曜日のセミナーで、相場は常に行き過ぎる、相場が一方向にあるときは、決して売ってはいけないとのお話でしたが、まるで今日の相場のための言葉のようでした。

陳氏はセミナーで、ドル基軸通貨が崩壊したら、かつての
ポンドの様に80%下落する可能性もあると、お話されていました。その怖さの一端を本日は、感じました。
ドル/円と心中したくないので、クロス円の買いは、当面慎重に行う方が良さそうです。

ところで、ドル安が進むとすれば、今日の様に中国がきっかけとなる可能性が高いとのお話を、いつかされていたような気がするのですが。勘違いでしたらすみません。
今後の可能性なども、できればお聞かせください
2007.11.07 23:20 | URL | DD #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/38-aa7996ed

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。