ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再考・「円安バブル」の異常さ

Posted by 陳満咲杜 on 05.2007 市況分析 3 comments 0 trackback
再考・円安バブルの異常さ.png 
クリックで拡大

9月13日の記事 ドルインデックスで測る先の「円安バブル」の異常さ において、8月における円の急伸が「円高ではなく、単に先の円安バブルを修正し、あるべき価値へ戻っただけだ」と指摘していたが、果たしてこのような修正の動きが進んでいるだろうか。

上のチャートは本日のドル/円(黒)とドルインデックス(青)の比較図である。図示のように、1998年と2001年では、ドル/円とドルインデックスの大幅な乖離を生じさせた後、いずれも円の急伸が見られ、両ラインをクロスさせた。つまり、ドルの全面安が進めば、円だけが「蚊帳の外」に置かれ、常に売られるといったことはありえない。両者の乖離が大きければ大きいほど、その後円の急伸の可能性が大きい。

この見方が正しければ、目下両ラインの距離が寧ろ拡大していていることをとっても看過できずにいる。言い換えれば、目下ドル/円の114円台のレートが決して「割安」(ドルを指す)ではなく、割高であることを示唆された。よって、円の上昇はこれからも続き、場合によっては8月のように、急速な反騰ぶりを見せることも十分あり得る。

ただ、現実的に考えると、両ラインの接近及びクロスが、必ずしもドル/円の急落だけではなく、ドルインデックスの反騰との同時進行を以って、両者の乖離を解消する、といったシナリオも十分想定される。が、いずれにせよ、クロス円相場の頭打ち、至って反落し、場合によって急落するといったシナリオの現実性が一層強まる結果に。目下、ドルインデックスの急落がほぼ円以外のメジャー通貨が受け皿となっており、クロス円相場が揃って急反発のパフォーマンスを演じていたことに鑑み、上記の見方の信憑性に頷ける。

だから、当方は一貫してクロス円相場が総じて高値警戒圏にいることを指摘してきた。この見方の正誤に関する「相場の審判」はそう遠くないだろう。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

この相場は、分かり易く一筋縄では行かないでしょうね。
本番は、オリンピック終わりまで温存か?
都合のよろしい所で。w
2007.11.07 20:54 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
konomiさん:
 こんにちは。いつもありがとうございます。
 私としては、先日のセミナーはあまりよくなかったと思っています。特に二、三回も参加してくれている方には申し訳ありません。というのは、自分の持論を繰り返し強調しただけで、相場の検証に時間配分ができませんでした。恐らく実践的な手法を皆さんが望まれていると思うが、毎回毎回のように時間が全然足りません。ご提案のほうも含め、対応策をじっくり考えているので、次回ご報告させていただきます。
2007.11.07 18:18 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
こんばんは。
いつ拝見させていただいております。

また、土曜日には、セミナーに参加させていただきありがとうございました。
開始1時間前から、ご自分でセッティングをされていらっしゃいましたね。頭が下がる想いがしました。

陳さんのブログで学ばせていただいたことは、チャートの見方です。
歴史は繰り返されるということで、過去のチャートと比較するには、最低でも10年の期間が必要なんですね。逆にそうしないとトレンドは読み取れないですね。
今まではせいぜい1年ほどの日足しか見てませんでした・・反省です。

もう一つの自身の変身は、マイナスのスワップにも慣れてきたことです。
最初の1週間はドキドキでしたが、不思議なのものですね(笑)
高値で掴んだわけではないので、利益が出るかどうかわからないのですが、急落の場合には、ロングだけ持っている場合よりも、なぜか安心して見ていられました。


最後に
アンケートにも書かせていただきましたが、
有料にて(廉価でなく)結構ですので、数回に分けて、陳さん仕様のテクニカルの見方を教えていただけましたら嬉しく存じます。

2007.11.06 18:40 | URL | konomi #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/37-4cfa7c54

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。