ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円相場の示唆(四)

Posted by 陳満咲杜 on 29.2007 市況分析 3 comments 0 trackback
ドル円相場の示唆(4).png 
クリックで拡大

当方の指摘した通り、目下、ユーロは1.4424との高値を更新し、1.4500大台を目指す展開に。また、豪ドルの23年来高値、カナダドルの47年来高値更新と相俟って、ドル安トレンドの加速を証左した。

さて、肝心のドル/円相場は小幅変動に留まり、次のステップをなかなか踏めずにいるか、下放れ必至との見方には全く変化なし。今回引き続きこのシナリオの根拠をテクニカル要素で説明したい。

上のチャートはドル/円の週足図である。そこに、2001年安値と2002年安値を連結したサポートライン(A)、2003年高値と2004年高値を連結するレジスタンス・ライン(B)や2005年安値と2006年安値を連結するサポート・ライン(C)がそれぞれ表示されています。

このように、2年間の安値或いは高値を連結するラインの意義を重視し、そのブレイクをトレンドの転換サインと捉えた場合、その後の相場の変動を検証したい。

図示のように、Aラインを下抜いた後(2003年9月)、2005年年初までドル安が続いた。逆にBラインでは、抵抗ラインとしての役割が2005年5月にて否定された後、ドル高トレンドが2007年6月まで続いた。では、Cラインが2005年からの上昇相場のサポートラインとして見た場合、8月の下ブレイクがドル高の終焉を意味し、今後1年半から2年ぐらいのドル安トレンドを継続させる蓋然性が高まる。つまり、二年越しのサポートラインがブレイクされた以上、ドル/円相場の過去のデータを検証する限り、しばらくドル安トレンドが続く公算は大きい。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

マーケットはその審判がどちらにも振れる可能性のある、ギリギリのラインまでキッチリと引っ張る傾向がありますね。
今回、私は若干タイミング的には早まった感はありますが微調整をかけながら、また市場のセンチメント等加味しつつポイントを探っております。
2007.10.30 10:25 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
陳様、お早う御座います。
さてさて、今後の動きがそろそろ面白くなって来そうです。(笑)
今後とも、宜しくお願い致します。
2007.10.30 10:11 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
陳様へ
このような大きな相場の流れについての大局を
わかりやすく解説して見せていただくことが出来る事
驚嘆と感謝の気持ちでいます。
私が個人的に陳様を信頼出来る方と思う理由は
「自分の判断が必ずしも正しいとは限らない」
とご自分で言葉を濁さず言える方であるということです。
今までのご経験・緻密な分析を踏まえ
現時点ではこれがベストの判断ではあるけれど
それは常に流動的であるということ。
思わぬことはいつでも起こる可能性があるということ。
記事としてはそれでは話が進まないから
断定のように言い切らなくてはという部分
無論読者の多くは承知済みだと思います。
私は尊敬致します。

陳様の新しいポートフォーリオを見ると
射程距離はいよいよ年内レベルなのかなと思いました。
そして八月の暴落レベルまでひっぱりたいという部分
「わあ・・ほんとに?」と淡い期待もしてしまいます。笑
今週はイベントが目白押しです。
私も「投機」という大前提をふまえた上で
少額でもう一度チャレンジしてみたいと思います。
あくまでリスク管理を忘れずに。



2007.10.30 09:07 | URL | 弓吉 #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/35-4b84cc2f

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。