ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罫線の意義

Posted by 陳満咲杜 on 31.2009 CFD 0 comments 0 trackback
003.jpg 
クリックで画像拡大

伝統的な罫線による相場解釈は今日の相場では限界を露呈しつつあるが、逆手を取ったら、時にはかなり強いシグナルを発見できる。

上のチャートはナスダック100指数の日足図。予想通り昨日も高値更新となった。ほぼ連続13日の続伸となり、昨日の「ウワヒゲ」に鑑み、さすがに本日は警戒しなければならないが、なお続伸の可能性が大きいだろう。

というのは、23日の日足も同じパターンを示していたが、結局上回ったうえに、目下のレベルでは、同日高、安値を起点としたトライアングルの上放れターゲットが達成されていないかも。

20日の罫線も重要だった。典型的な「トウバ」線だが、トップアウトではなく、次の日は逆に「マド」を空けて上昇足が早まったから、高値を追うしかなかった。

要するに「ダマシ」こそ最強なシグナルとなり、ウォール街ではこのような見方をしているトレーダーも少なくないだろう。なにしろ、candle stickは相場の共通ツールとなっているからだ。

にほんブログ村 株ブログ CFD取引へにほんブログ村

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/326-d730dfa3

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。