ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッド&ショルダーズ・ボトム?

Posted by 陳満咲杜 on 28.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 001.jpg

クリックで画像拡大

ダウ指数の騰勢が続いている。市場関係者は、すっかり楽観的な見通しを述べて始めている。

その中、多くのテクニカル派はダウやS&P、英FTSEなど指数の「ヘッド&ショールダズ・ボトム」形成の可能性を根拠として挙げている。

となると、ダウ指数は11000ドル前後まで上値ターゲットを据えるだろう。心強いシナリオだ。

が、懐疑的な見方も少なくない。というのは、ついこの間(今月中旬)、「ヘッド&ショルダーズ・トップ」といったフォーメーションを根拠に、米株の下落を予想した方が圧倒的に多かった。これこそ目下米株を押し上げた原動力ではないかとさえ思うほどだ。

当方もその一人だが、幸いすばやく方向を展開し、何とか利益の確保に繋がった。
常に相場に聞こうという姿勢を保ち、シナリオに拘りすぎないことの大事さを再勉強させていただいた。

ちなみに、日曜日米国の友人が電話の中に、同フォーメーションが「ダマシ」であることを10個以上の理由を並べ、説明してくれたが、こちらは真剣に聞いていなかった。真剣に聞きすぎると、脳に焼きつく恐れがあるからだ。

にほんブログ村 株ブログ CFD取引へにほんブログ村 

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/324-23f0f3de

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。