ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの注文は市場を素通りしている?

Posted by 陳満咲杜 on 12.2007 FX教室 0 comments 0 trackback
現在、各FX業者が提供している外国為替証拠金取引は典型的な店頭(OTC)取引であり、デリバディブの一種でもある。店頭取引の本質を一言で表すと、『相対取引』に尽きる。投資者の売買注文はあくまで業者が相手となって行われ、第三者には関与しない。したがって、FX取引は当事者同士(業者と投資者)の合意があれば、理論上如何なる価格でも取引可能で、業者の自己勘定でポジションを処理することができる。
  
また、デリバティブは、原資産にリンクした形で人工的に作られた金融商品であり、取引自体は原資産の価格形成に直接参加しないという大きな性質がある。このことから見ても、FXは為替レートの変動を原資産として作られた金融商品である以上、FX業者との相対取引において、例え大きな買い注文を出したとしても直ちにレートを押し上げるようなことはない。少なくとも、取引の瞬間で見れば、一般投資者の注文は為替相場を「素通りした」と理解しても間違いではなかろう。

そもそも、外国為替市場はインターバンク・マーケットと言われ、銀行同士の売買で結ばれたネットワークであり、一般投資家ばかりか、信用力のある銀行や証券会社以外は、一般の機関投資家でさえ直接参加することはできない。また、一回の取引量が大きく、最低でも100万通貨単位での取引が普通であることから、一般投資者の資金力では到底参加するには無理である。一般投資者にも為替取引に参加できるように作られたデリバディブ商品がFXになるわけだが、その性質上、直接為替市場に参加しているわけではない。

  このインターバンク市場における刻々と変化している為替レートを参照にして、FX業者は常に各通貨ベアの買値と売値を表示し、10万通貨単位や1万通貨単位、あるいはより小さい通貨単位で一般投資者の注文に応じるが、業者は店頭取引かつ差金決済という方式を取っているため、売買自体は単に業者との間で成立しただけと言っても過言ではない。理論上、自らのポジションの処理ができる業者(プリシバル)は全てのお客様からの注文を市場または他の業者に出さずに、自らリスクを取って勘定することもできる。勿論、単にブローカーとしての業者も多く存在しますので、ブローカー業者はすべての注文を「カウンターパーティー」と呼ばれている為替ディーラー(銀行なども含む)に取り次ぐ方式を取ってはいるが、殆どのカウンターバーティーはプリシバルであるため、自らのルールでポジションを処理することができる。
このことは、ディーラーにとって、同じ時間帯における買いと売りのポジションが同量であればあるほど好都合と言える。なぜかというと、社内で買いポジションと売りポジションを相殺させ、ほぼリスクなしで買値と売値の差額(スプレッド)を利益として手に入れることができるからだ。買い注文と売り注文のどちらかが大きく偏った場合にのみ、市場に注文を繋ぎ、リスクカバーをはかる。市場に注文を繋ぐときは、他の業者を経由したり、他社のポジションと相殺するなどしていることで、直接インターバンク市場へアクセスするまでに時間的なタイムラグと数量的な調整が発生するため、為替レートへの影響は間接的になる。


インターバンク市場で直接取引が行われていない多くの通貨ペアが、メジャー通貨ベアのレートから計算された「理論上のレート」として提示されていることで、一般投資者がFX業者と相対売買をすることができるわけ。この仕組みを理解すれば、中国政府の厳しい管理下に置かれ、本来は自由売買することができない人民元と円の取引を一部業者が提供していることにサプライズしないであろう。

一方、日本の個人投資者による高金利通貨買い/円売りの注文がここ数年継続的に行われ、このことが円相場を押し下げた一因になったことも事実である。それは、円売り注文に偏ったポジションがあまりにも大きいことから、業者はリスクカバーをするために、インターバング市場に継続的にポジションを出した結果である。

にほんブログ村 為替ブログへ


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/3-d9370e55

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。