ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル安の蓋然性

Posted by 陳満咲杜 on 14.2011 市況分析
有力格付け会社の力は絶大だ。その力は無形であるが、市場心理の形成にしばしば重要な役割を果たしてきた。

昨日スペイン国債入札の順調やトリシェECB総裁によるタカ派発言でユーロの反騰を継続させたが、他の主要通貨に対してもドルが売られていた。その背景には、格付け会社の影響もあったと思う。

昨日では、有力格付け会社のS&P社とムーディス社が揃って米国の格付けランキング(現在最高格)の引き下げ可能性に再度言及していた。目下の値動きに鑑み、マーケットはようやくEU問題一辺倒から米国の問題にも目を配るようになったと思う。

そもそも、年初からユーロの下げが急であった。EUのソブリンリスクを過剰に織り込むと同時に、米QE2(量的緩和)の早期終了に過大な期待を寄せていた。「ブルベアFX通信」では、1月6日のデイリーレポートにて、以下のように、ファンダメンタルズ・アナリシスを行っていた。

1月6日

マーケットは今週末の米雇用統計に強い期待を寄せている。ドル買いに急ぐ背景には、米景気回復よりもFRBによるQE2の調整に期待する向きが多いと聞く。しかし、このようなコンセンサスは再び裏切られる公算が高い。まず、ADP統計は従来のように雇用統計の前兆として正確度を持たない。次に、FRBはQE2の調整前提が非常に高い条件を課しており、一ヶ月の雇用統計の好転だけで動く可能性が低い。目下のドル全面高は先走りした可能性に注意しておきたい。

従って、ドルの修正は当方から見れば当然な成り行きで、後の材料はその蓋然性を証左する要素に過ぎない。また、テクニカル・アナリシスでは、ドルインデックスや主要通貨の値動きについて、以下のように予測していた。

●ドルインデックス

短期スパン:81.00/50前後のレジスタンスを再確認してから
79.50前後へ反落。(@1/7)
------------------------------------------
●ユーロ/米ドル

短期スパン:1.3000割れを受け、レンジの下限を1.2900
前後へ修正、底固めしてから1.3350/70の回復を目指す。(@1/7)
------------------------------------------
      
●ユーロ/円

短期スパン:108割れまでの調整は「振り落とし」、
112関門の回復を目指す(@1/5)
------------------------------------------

●英ポンド/米ドル
------------------------------------------
短期スパン:1.5300前後のサポートを探ってから、1.5700の
回復を目指す。(@12/24)
------------------------------------------
●英ポンド/円
中期スパン:125.50前後までの下げは「振り落とし」、130.50
の回復を目指す。(@1/5)

(注:@の後ろは記述した日付となり、「ブルベアFX通信」では2週間~4週間程度を中期スパン、2、3日~1週間程度の期間を短期スパンと見なしている。)

そのうち、もっとも重要なのはドルインデックスの分析だ。遅くても今週の火曜日あたりから、ドルインデックスのチャートだけで、ドルの調整が避けられないと分かり、しかも極く単純なテクニカル手法だけで済むと思う。
IDXX.jpg
ドルインデックス 日足 (クリックで拡大)

図示のように、昨年11月高値を追い越そうとするドルの急伸があったにも関らず、MACDとRSIが弱気ダイバージェンスのシグナルを点灯し、ドル全体の調整余地を示唆していたことが分かる。

至って簡単なシグナルだが、市場に氾濫するありきたりの解釈、特にファンダメンタルズに関する解釈に目を奪われたなら、発見できないのも当然である。相場の難しさは、実に我々の「色メガネ」にあるかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グローバルリンクアドバイザーズ(株)よりお知らせです。

まもなく満席です!!>>お早めにお申し込みください!
「陳満咲杜の2011年FX大作戦」
 新春ネットセミナー

(2011年1月19日(水) 20:00-21:30開催)

年明けからお申し込みが殺到しており、まもなく300名の定員に達する見込みです。
定員に達し次第、お申し込みを終了いたしますので、お申し込みがまだの皆様は
お早めに下記URLよりお申し込みください。
詳細お申し込みはこちらから

参加者にはもれなくスペシャルレポート
「2011年FXアウトルック」をプレゼント!

ブルベアFX通信にご入会されてのセミナー参加がお得です!
今回のセミナーは非常に重要なセミナーと位置づけております。
そのため、一般参加の場合、1万5000円(税込)の参加費を頂いております。
ただし「ブルベアFX通信」有料会員の皆様は無料でご参加いただけます!
現在非会員の皆様でも、下記のURLよりブルベアFX通信有料会員にご登録
いただけましたら、参加費は無料となります! 

しかも現在は入会金無料キャンペーン中でもありますし、現在、ご加入いただき、セミナーに参加していただけますと大変お得ですので、是非この機会にご入会下さい!

■ブルベアFX通信は入会金無料キャンペーン実施中!!
ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。