ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロス円相場を読む(二)

Posted by 陳満咲杜 on 12.2007 市況分析 5 comments 0 trackback
クロス円相場を読む(2).jpg 
クリックで拡大

最近クロス円相場における円の軟調が目立つ。カナダドル/円の32年来高値更新をはじめ、ユーロ/円、豪ドル/円なども米SPショック以来の下落幅を取り戻し、7月の高値を取ろうとする勢いを見せている。果たして、当方の見方、即ち「クロス円相場を読む(一)」に述べた考え方が間違っていたのであろうか。それとも目下を「最後の円安」と位置付け、逆に円買い好機となるか。今回は違った視点でクロス円相場を観察してみたい。

まず、ユーロ/円を代表として見ていきたい。他のクロス円レートと違い、インターバンク市場における実際の取引で形成された相場なので、信憑性がある上、他のクロス円相場を左右する影響力を持っている為、大いに参考にしたい。

上のチャートはユーロ/円の週足である。1976年から現在までの値動きをラインで表している。赤の縦線で区切られている期間に注目して頂きたい。高値から次の高値までの期間を計算し、ユーロ/円におけるトップで数えるサイクルは明らかに約8年の周期を持つ。2000年9月からの上昇変動が明らかにその前のサイクルと違い、強気パターンを示しているものの、8年サイクルの周期性が存在するなら、ユーロ/円の強気相場もそろそろトップアウトか、すでにトップアウトしたと見られる。

ここで、8年サイクルの「標準的」トップが昨年後半につけたはずなのに、今年まで伸ばしたのはなぜか、といった疑問も浮上するが、答えはサイクルの習性にある。基本的にはサイクルの周期が6分の1の調整範囲を持ち、数字的に全くぴったりのタイミングでトップ或いはボトムが出現するわけではない。即ち、8年サイクルが存在すると観察された場合、次のサイクルの長さは6年7か月から9年3か月前後、といった周期が推測される。この理論に沿って見ると、前のトップを付けたのは98年8月だったので、長くても今年10月、11月前後でそろそろトップアウトする蓋然性が高いと見られる。

また、1978年8月安値~1989年2月安値~2000年9月安値で見られるボトムで数えるサイクルの周期も約11年で、2000年9月からのサイクルが2011年前後でもう一回安値を付ける公算も大きく、すでに7年の上昇を続けたユーロもトップアウトしてから次のボトムに向け、今後3.4年の調整に入る機運が高まる。やや違った視点では、1979年12月高値~1989年2月安値、1990年8月高値~2000年9月安値といった「高値~安値」のサイクルも見らるので、仮に2000年安値からのサイクルは超強気で、逆のパターン、即ち「安値~高値」であれば、次の高値が2010年に出現するから、一直線の上昇は到底考えにくい。

このように、サイクル論から見たユーロ/円相場をはじめ、クロス円相場全体の見通しは決してバラ色ではなく、寧ろ反落のリスクを孕んでいると指摘したい。


にほんブログ村 為替ブログへ
人気blogランキングへ

▶ Comment

alexさん、CLOUD9さん、檸檬さん:
  おはようございます。昨日会社を休んだので、只今コメントを拝見させていただきました。ありがとうございます。
  さて、CLOUD9さんのご意見ですが、なかなか鋭いと感心しております。おっしゃる通りと思いますが、NYダウの「サプライズ」と同じく、ショート・スクイーズによる側面が強いと思われます。一方、時期に関しては、タイム・ラグの存在を否めず、転換点の正確な把握が難しいと言われた故でもあります。従って、トレンドがいつ転換するかよりも相場が行きすぎかどうかを測るのはサイクル論の本来の役割だと認識しています。それに、クロス円相場であるだけに、より一層複雑な構図を示すとも想定されますので、忍耐と慎重さを要求されます。
  が、昨日の値動きに鑑み、「時期尚早」とも言えないではないか、という感も浮かびます。いよいよ面白い相場に発展しそうなので、早く体力を回復して相場を張りたいと願っています。
2007.10.16 10:15 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
クロス円上に抜けてきちゃいました。
しばらくコメント控えて静観します。

お体ご自愛くださいませ。。
2007.10.15 17:10 | URL | 檸檬 #79D/WHSg [edit]
陳様、皆様こんにちは。
いつもROMさせていただいております。

11月3日開催のセミナーのご連絡ありがとうございました。
ぜひ参加したいのですが、仕事のため参加できなくて
とても残念です。

今日は静かな動きですね。
クロス円も上海株もそろそろ限界のような気もしますが
底も堅そうでなかなか下げそうで下げないですね。

今週は決算が相次ぐのでそれによっては大きく動くのかも?

2007.10.15 16:18 | URL | 檸檬 #79D/WHSg [edit]
陳様、はじめまして。
自分もクロス円の下降を以前より予測を立てておりました。根拠は、やはりサイクルでした。
陳様のブログにひょんな事からたどり着き、その内容を読んで共感出来る部分が多々あり、以降続けて読ませて頂いております。
さて、ここ最近のクロス円ですが少し気になる部分があります。
とても単純な疑問なんですが、市場や多くの投資家達のメンタルにまだ浮かれた感じ(上昇に対する過度の期待感)は無く、むしろ下落に対する警戒心の方が強いように思われます。
従って、今の段階ではショート・スクイーズによる上昇なんてのもありなのかも知れませんね。
時期的には、もう少しタイム・ラグがあるのかもなんて思います。
2007.10.15 05:21 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
体調不良でダウンなさっていらしたのですね。大変な激務お察し致します。どうぞ無理をなさらずに大切になさって下さい。さてここの所クロス円が押し目ももたず上昇しております。私といたしましては反落の時を、今か今かと待ちわびております。そろそろ落ちてくれないかなあ。遅くとも来週には・・・それにしてもこの
プログにコメントを寄せる方々はレベルが高いですね。勉強なさってる。少しでも近ずくために、私も頑張って為替を勉強していきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
2007.10.12 20:39 | URL | alex #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/29-f11bb3ec

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。