ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月終値で占うドルの強弱(2)

Posted by 陳満咲杜 on 12.2011 市況分析
前回に続き、ドルインデックスで大局観をつかみたいと思う。

もう新年になったので、12月の月足が見られるから、チャートを新たに確認してみよう。
USDIDX.jpg
ドルインデックス 月足(クリックで拡大)

図示のように、昨年11月において、ドルインデックスの切り返しは凄まじかった。一時75.63まで急落したものの、一転して81.26で大引けした。そこで、注目しておきたいのは、まず、11月安値は08年3月安値と09年11月安値で連結したサポートラインを一時割り込んでいたこと。次に、11月の大陽線の値幅では約5.81となり、10月の2.62の値幅と比べ、倍以上であったこと。

要するに、10月の足型を抱き込むような形で11月が大陽線を形成していたので、ツツミ線として6月からの流れを一転させる地合いを暗示していた。12月も陽線引けであれば、昨年6月から続いた下落変動が一旦終了したと判断できるだろう。

だから、先月では、「今月の終値」が重要であることを指摘していたが、残念ながら、12月の足型は陰線となっただけではなく、足型は完全に11月の値幅以内で寄り引けした。それは典型的な「孕み」線で、また変化の前兆として曖昧なシグナルを発した。

従って、先月の終値で判断できる部分が先送りされ、また「今月の終値」に譲る側面が強まっている。

一方、より大きなスパンでは、ドルインデックスの値動きは明確ではないものの、今年前半における方向感を示唆していると読み取れる。その方向はともかく、変化のタイミングと値幅がサプライズ的な反応を引き起すだろう。この辺の詳説はGLAさん主催のセミナーに譲りたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グローバルリンクアドバイザーズ(株)よりお知らせです。

まもなく満席です!!>>お早めにお申し込みください!
「陳満咲杜の2011年FX大作戦」
新春ネットセミナー

(2011年1月19日(水) 20:00-21:30開催)

年明けからお申し込みが殺到しており、まもなく300名の定員に達する見込みです。
定員に達し次第、お申し込みを終了いたしますので、お申し込みがまだの皆様は
お早めに下記URLよりお申し込みください。
詳細お申し込みはこちらから

参加者にはもれなくスペシャルレポート
「2011年FXアウトルック」をプレゼント!

ブルベアFX通信にご入会されてのセミナー参加がお得です!
今回のセミナーは非常に重要なセミナーと位置づけております。
そのため、一般参加の場合、1万5000円(税込)の参加費を頂いております。
ただし「ブルベアFX通信」有料会員の皆様は無料でご参加いただけます!
現在非会員の皆様でも、下記のURLよりブルベアFX通信有料会員にご登録
いただけましたら、参加費は無料となります! 

しかも現在は入会金無料キャンペーン中でもありますし、現在、ご加入いただき、セミナーに参加していただけますと大変お得ですので、是非この機会にご入会下さい!

■ブルベアFX通信は入会金無料キャンペーン実施中!!
ブルベアFX通信

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。