ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英ポンド、次の安値はいつ?ーーー相場のリズムとその示唆

Posted by 陳満咲杜 on 07.2011 FX教室
相場は一見ランダムであるが、リズムをとって「正しく」動いている時も少なくない。現執筆の時点、今夜発表される米雇用統計の好調に期待し、ドル買い優勢の展開が続いている。では、英ポンド/ドルについて、主要の安値はいつ出現するかについて考えてみよう。

結構難しい問題に見えるが、以下のチャートを観察すれば、何となくヒントを得られるのではないかと思う。
gbpusd.jpg
英ポンド/ドル 15分足(クリックで拡大)

図示のように、英ポンドはほぼ2日(取引日)ごとに主要安値をつけており、そのリズムを保てるなら、来週火曜日の未明に次の安値を形成していくはずだ。米雇用統計が本当にドル買いを支持する内容なら、英ポンド売り/ドル買いのポジションをそのまま日曜日未明前後まで持っていれば、より大きなリターンが期待できるかもしれない。

逆にこのようなリズムが崩れた場合、何を意味するかを考える必要がある。仮に安値を付けるべき時間帯が早まったり、遅れたりして次の主要安値が形成されたら、より序列の高いサイクルが支配力を持ち、次なるトレンドを形成し始めることを意識しておくべきだ。もちろん、安値のレベルも重要な要素で、
総合的なリサーチが必要である。来週また検証してみたいと思う。

くりっく365はNO.1ではじめよう!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。