ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「振り落とし」完了?

Posted by 陳満咲杜 on 06.2011 市況分析
昨日ドル/円の切り返しは凄まじかった。連動した形で、ポンド/円、豪ドル/円などクロス円相場も堅調の様子を示していた。米雇用統計に対する期待や米株高を背景にしたリスク選好が高まり、円売りを進めた側面もあったが、年末の急落に対する修正といった意味合いも濃厚だ。以下は昨日の「ブルベアFX通信」における「ファンダメンタルズ・アナリシス」の部分である。


正月の為替相場には波乱があるとしたら、その殆どが投機筋による「振り落とし」だ。今年もそうだが、ドル/円、英ポンド/円を中心に、年末の30、31日まで下げ続いていたのは円の売りポジションが積み上げられており、それを狙った仕掛け的な円買いであった。皮肉にも、通常のセンチメント指数(主に大手業者による統計)以外、東京金融取引所の統計データも投機筋に参考にされたのでは。(同統計は英ポンド/円における8割以上のポンド買い/円売りを示していた)一方、振り落としがあったからこそ、「身軽」になったたとも言え、本来のトレンドへ復帰しやすいだろう。その辺を注意しておきたい。

従って、「振り落とし」が完了すればドル/円をはじめ、クロス円相場における切り返しは当然が結果である。円の強気変動は今年一杯続くと思われるが、一旦修正しないと逆に進まない蓋然性が大きいから、年末の相場を「本物」と見るには早計だった。

無料セミナーでは絶対に聞けないクオリティ!
ありきたりの相場解釈、後解釈一切なしの超実戦的な内容に乞うご期待!
新春セミナー「陳満咲杜の2011年FX大作戦」

■セミナー詳細・お申し込みはこちらから

※参加者にはもれなく
スペシャルレポート「2011FXアウトルーク」をプレゼントいたします!

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。